呼吸器・感染症センター  - Respiratory and Infectious disease center -

 この病棟では、呼吸器疾患や感染症疾患で入院された患者さんの治療に当たっております。新型インフルエンザや抗生剤耐性菌感染にも対応可能な、陰圧ルームも完備しています。

 床は暖かみを感じさせるフローリング仕様となっており、殺伐とした病院特有のイメージを一新し、ご家庭の一室で休まれる感覚を取り入れました。

N95マスクのご紹介

 呼吸器・感染症センターでは、N95マスクの自販機を入口ロビーに設置しております。N95マスク(Particulate Respirator Type N95)とは、米国労働安全衛生研究所(NIOSH)のN95規格をクリアし、認可された微粒子防御用マスクです。N95規格のNとは耐油性が無いことを表し(Not resistant to oil)、95は試験粒子を95%以上捕集できることを表しています。この規格で用いる粒子は、フィルターで最も捕集しづらい塩化ナトリウム(φ0.3μm)粒子です。
 元々は化学工場等、製造現場でのマスクとして使用されていましたが、結核、SARS(重症急性呼吸器症候群)等の感染防止に効果を上げたことから、医療関係でも用いられるようになりました。N95マスクのように顔面への密着度を高め、かつ高いろ過能力を有して外部からの空気汚染を遮断することに特化したマスクは、レスピレータとも呼ばれています。

※陰圧ルームにご入院中の患者さんをお見舞いの際には、どうぞご利用下さい。