ごあいさつ  - Greetings -


理事長 黒澤 尚
 4月1日より、江東病院に理事長として赴任しました黒澤尚です。
当院は1955年以来、一貫して地域に根差した医療をめざして、地域の方々から信頼を得ております。医療活動として、当院は通常の日中の外来診療、入院診療だけでなく夜間の急病の患者さんのための夜間の救急医療も受け入れております。
 従来の呼吸器、循環器、消化器等の専門医をそろえた内科系各科に加えて、外科、整形外科、婦人科、眼科などの外科系各科も順天堂大学、昭和大学との密接な連携のもと、近年きわめて充実してきています。それによって、胃がん、大腸がん、脊柱管狭窄症、変形性関節症、子宮がん、白内障など、中高年者に多い疾患の手術にも、完全に対応できる体制を整えております。
また、当院グループは江東病院における医療活動のほかにも、東京綾瀬腎クリニックでは慢性腎不全の患者さんのための腎臓透析を行い、また介護老人保健施設「かがやきライフ江東」、病院附属在宅診療所、訪問看護ステーション「たんぽぽ」の3施設においては、認知症や歩くこともままならなくなった地域高齢者のための介護支援活動も行っております。
 5月1日より元号が令和と代わります。私たちも心を新たにして、新時代に向けてさらに一層充実した医療、介護活動を行うべく努力を傾ける所存です。
 どうか、これまで通り江東病院とそのグループを温かくご支援いただきますように、よろしくお願い申し上げます。なお、私自身も整形外科医師として、週2回の外来診察と週1回の手術を行っております。こちらもよろしくお願い申し上げます。


院長 幕内 雅敏
 7月1日より江東病院の院長に赴任しました幕内雅敏でございます。
当院は江東区の中核病院として、1955年以来江東区民に対する日常診療(外来診療、入院患者さんの診療、夜間の救急診療)を行って参りました。
 小生は1973年に東京大学を卒業後、一貫して外科手術の技術的な向上に努めて来ました。1979年に国立がんセンターに赴任してからは、当時死亡例の多かった肝切除術の安全性の向上に努めて参りました。当時は肝内の血管や小腫瘍は肝表面から認識できませんでしたので、超音波診断を手術中に行なって可視化し、門脈枝の領域を染色して、染色した領域を切除する術式、系統的亜区域切除術を発表しました。これは肝癌の細胞が最も転移しやすい領域を同定して、癌と共に癌細胞が最も転移しやすい部位を完全に切除する方法です。これらの業績によって1988年には国立がんセンターの外来部医長、1989年には同手術部長に任命されました。
 同年10月には信州大学医学部第一外科教授に任命され、小児の生体肝移植に日本で初めて成功しました。この女児は現在も健在で、本邦の最長生存例です。1993年11月には、53歳成人の原発胆汁性肝硬変例に対する生体肝移植に世界で初めて成功しました。この方は術後17年生存され、70歳まで生きられました。
 1994年10月に東京大学医学部第二外科教授に任命されました。
 私が専門とする肝切除は、1980年代前半に術死率2%、半年以内の死亡率10.7%と劇的に改善されました。1980年代後半の5年間ではほとんど手術死亡をみなくなり、大病院の術死率は1990~1991年の肝癌研究会の報告でも、日本全国の術死率は1%に低下しました。この頃欧米の一流施設で術死・入院死亡率が5~6%みられ、現在でもなお3~15%の術死率が続いております。
 信州大学から東京大学に移り、8年間1056例の肝切除を行ないましたが、1例も手術死亡がありませんでした。この劇的な生存率の改善が達成されたのは、肝流入血の間歇的遮断、門脈枝塞栓術、安全な肝切除範囲の規準、そして術中に超音波を行なったことによります。さらに系統的亜区域切除術、下右肝静脈温存手術などの新しい手術法も発表して参りました。
 私のモットーは「365日24時間医者であれ!」です。医者は”一つしかない患者さんの命“をお預かりしているわけですから、決してなまけてはなりません。
 今まで述べてきたことを念頭に置いて、高度で安全な医療を通じて患者さんの生活がより健やかとなる様、職員一同心を込めて日々努力して参ります。同時に江東地域の中核病院として様々な見地から病院機能をさらに向上させて行く所存ですので、よろしく御支援下さいますようお願い申し上げます。
President's Message
“Be a doctor 24 hours a day, 365 days a year!”

Koto Hospital established in 1955, has been providing daily medical care (outpatient, inpatient, and nighttime emergency) to the residents as the core hospital of the Koto-Ku. I, Masatoshi Makuuchi have served as the president of Koto Hospital from July 1, 2019.

Since graduating from the University of Tokyo in 1973, I have consistently worked on technical improvements in surgery. I was appointed to the National Cancer Center in 1979, and have been working to improve the safety of hepatectomy, which had been high mortality at the time. At that time, blood vessels and small tumors in the liver could not be recognized from the surface of the liver. I introduced an intraoperative ultrasonography to visualize them during the operation. The portal vein staining to identify the portal branch feeding area and excise the stained area. By these procedures the segmental and subsegmental anatomical resection had realized. These became the indication criteria to identify and completely excise the area where cancer cells are most likely to metastasize together with the cancer nodule itself. Based on these achievements, I was appointed as an outpatient clinic medical director in 1988, and the head of the operation department in 1989 at the National Cancer Center.

In October of the same year, I was appointed as the professor of, the First Department of Surgery at the Shinshu University School of Medicine. We successfully performed the living donor liver transplantation for a girl as the first successful case in Japan. She is still alive and becomes the longest survivor in Japan. In November 1993, I successfully performed the living donor liver transplantation in a 53-year-old adult with primary biliary cirrhosis. She became the world's first successful living donor liver transplantation in adult, survived 17 years after surgery, and lived up to 70 years of age. I was appointed as Professor and Chairman for Hepatobiliary Pancreatic Surgery Division, and Artificial Organ and Transplantation Surgery Division of Department of Surgery, the University of Tokyo in 1994.

My specialty, liver resection, was improved dramatically in the first half of the 1980s, with a 2% surgical mortality and a 10.7% mortality within 6 months after the surgery. Surgical death almost disappeared in the latter half of the 1980s, and the mortality in large hospitals was reduced to 1% in Japan as reported by the Liver Cancer Study Group from 1990 to 1991. In contrast, 5-6% of surgical and hospitalization mortality of leading institution was observed in Europe and the United States at that time, and the 3-15% mortality is continue even now.

After moving from Shinshu University to the University of Tokyo, I performed 1056 hepatectomy during first 8 years, but none of the cases died of surgery. This dramatic improvement in survival was achieved by intermittent blockage of hepatic inflow, portal vein embolization, safe surgical indication of hepatic resection, and intraoperative ultrasonography. In addition, new surgical methods such as subsegmental anatomical resection and complete hepatic vein preservation surgery have been created.

My motto is "Be a doctor 24 hours a day, 365 days a year!" The doctor takes care of “the life of only one for patient” and should never be fooled.

With all of the above things in mind, we will make every effort to enhancing patient’s life with the advanced and safe medical care. At the same time, we will continue to improve the hospital functions from various viewpoints as the core hospital in the Koto-Ku. Thank you for your continued support.



看護部長
小澤 優子
 当院では「患者さんに満足して頂ける看護の提供」を第一と考え、次の3点を常に心がけ、実践しております。
 1.安全で、安心な療養環境の提供
 2.患者さんやご家族に親切で誠実な看護の提供
 3.看護の質の保証のための実践と研鑽
 地域に根差した病院として、患者さん一人ひとりの生きがいを尊重し、地域の皆さまの健康増進に貢献して参ります。