ごあいさつ  - Greetings -

理事長・院長
 黒澤 尚
 2019年4月1日より、江東病院に理事長として赴任しました黒澤尚です。当院は1955年以来、一貫して地域に根差した医療をめざして、地域の方々から信頼を得ております。医療活動として、当院は通常の日中の外来診療、入院診療だけでなく夜間の急病の患者さんのための夜間の救急医療も受け入れております。
 従来の呼吸器、循環器、消化器等の専門医をそろえた内科系各科に加えて、外科、整形外科、婦人科、眼科などの外科系各科も順天堂大学、昭和大学との密接な連携のもと、近年きわめて充実してきています。それによって、胃がん、大腸がん、脊柱管狭窄症、変形性関節症、子宮がん、白内障など、中高年者に多い疾患の手術にも、完全に対応できる体制を整えております。
また、当院グループは江東病院における医療活動のほかにも、東京綾瀬腎クリニックでは慢性腎不全の患者さんのための腎臓透析を行い、また介護老人保健施設「かがやきライフ江東」、病院附属在宅診療所、訪問看護ステーション「たんぽぽ」の3施設においては、認知症や歩くこともままならなくなった地域高齢者のための介護支援活動も行っております。
 5月1日より元号が令和と代わります。私たちも心を新たにして、新時代に向けてさらに一層充実した医療、介護活動を行うべく努力を傾ける所存です。
 どうか、これまで通り江東病院とそのグループを温かくご支援いただきますように、よろしくお願い申し上げます。なお、私自身も整形外科医師として、週2回の外来診察と週1回の手術を行っております。こちらもよろしくお願い申し上げます。


看護部長
小澤 優子
 当院では「患者さんに満足して頂ける看護の提供」を第一と考え、次の3点を常に心がけ、実践しております。
 1.安全で、安心な療養環境の提供
 2.患者さんやご家族に親切で誠実な看護の提供
 3.看護の質の保証のための実践と研鑽
 地域に根差した病院として、患者さん一人ひとりの生きがいを尊重し、地域の皆さまの健康増進に貢献して参ります。