お問い合わせをお待ちしております
TEL. 03-3685-2166
Mail koto-kensyu@koto-hospital.or.jp

HOME > ごあいさつ

院長からのメッセージ

江東病院は東京都の下町(城東地区)に昭和30年設立の、一般急性期病棟256床と回復期リハビリ病棟30床計286床からなる、地域密着型の総合病院(二次救急指定)です。
海老原 功 
(順天堂大学 腎臓・糖尿病内科)

 交通の便がよい(東京駅から約20分)ので、院外研修にも参加しやすく、多数の職員が各種研修会へ参加しています。最寄駅(都営新宿線「大島」駅)も徒歩1分(駅上)という便利さです。また病棟や外来も平成23年にリニューアルされ、とてもきれいな診療スペースが広がりました。


 江東病院の初期臨床研修プログラムは自由度が高く、(希望)選択科を多く研修できるプログラム構成となっております。また、院外研修では大学病院、都立病院、専門性の高い癌病院など高度な医療も研修することが可能です。研修医専用の医局には机、椅子等個人に割り振られたスペースも確保してあります。
 毎年多くの研修希望者が見学にいらしておりますので、是非一度、東京都内で研修をお考えの方、市中病院での研修をお考えの方はご連絡を頂ければ幸いです。研修プログラム・江東病院のシステム等に関しましてご質問等ございましたら、遠慮なくお問合せ先まで電話、メールにてご連絡下さい。

研修管理責任者より

当院では内科系・外科系ほぼすべての科の研修が可能で、大学病院の准教授、講師クラスの医師が指導の責任者となり、多くの上級医が親切かつ適切な指導を行っています。
梶原 一 (順天堂大学 整形外科)
 また、多くの研修医が希望する Common disease を経験するのみでなく、より専門性の高い疾患に関する医療も経験できると考えております。志望科での研修を希望する研修医だけでなく、初期研修で進路を決めようと考えている研修医も、是非当院の初期研修に参加してみて下さい。



社会医療法人社団順江会 江東病院
〒136-0072 東京都江東区大島6-8-5
icon Tel 03-3685-2166 icon Fax 03-3685-7400
「お問い合わせ」フォーム


ページトップに戻る