HOME > ポピュラーな病気のセレクト・メニュー

不整脈 不整脈は、電気が規則正しく流れない状態です。流れが遅くなる徐脈(じょみゃく)と、速くなる頻脈(ひんみゃく)があります。
心不全 厚生労働省の人口動態統計で、2018年現在“心疾患”は日本人の死因の第2位となっています。心疾患の中で、特に近年急増し問題となって…
慢性腎臓病 慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease; CKD)の患者さんは腎臓のはたらきがかなり悪くなるまで、多くの場合症状はありません。
関節リウマチ 関節を動かし始めるときにこわばって、動かしにくく、朝起きたときに強く感じるので「朝のこわばり」とよばれます。
咳嗽 咳嗽は、持続する期間によって原因・治療が異なる。3週間以内の急性咳嗽は急性上気道炎(いわゆるカゼ)、感染性(マイコプラズマ…
メタボリック症候群 健康診断を受けると、メタボリック症候群(Metabolic Syndrome)の項目があり、2008年4月より特定健診(糖尿病等の生活習慣に…
せん妄 せん妄状態を分かりやすく言うと、何らかの原因で脳の働きが鈍り、「寝ぼけ」のような状態が続いているもの、と考えると理解しやすく…
ヘルニア 鼠径ヘルニアとは、本来ならお腹の中にあるはずの腹膜や腸の一部が、鼠径部の筋膜の間から皮膚の下に出てくる下腹部の病気で…
中高年のひざの痛み
 -変形性ひざ関節症-
中高年のひざの痛みの原因は、ほとんどが変形性ひざ関節症です。ひざの上の骨と下の骨がこすれ合う表面を覆う軟骨(関節軟骨)が徐々に…
腰部脊柱管狭窄症 最も特徴的な症状は、長距離を続けて歩くことができなくなり、歩行と休息を繰り返す間歇性跛行(かんけつせいはこう)です。
肩関節周囲炎 中年以降40歳代~60歳代に多くみられ、肩関節に痛みと運動制限をもたらす疾患の総称で、いわゆる「五十肩」のことです。
骨粗しょう症 骨粗しょう症は加齢などの原因により、骨の量や密度が減少したり、骨質が劣化したりすることにより骨折が引き起こされやすくなる病気…
未破裂脳動脈瘤 動脈瘤とは、脳の動脈の一部に風船状のふくらみを呈するものです。脳動脈瘤の発生する原因は明らかではありませんが、高血圧や血流…
慢性硬膜下血腫 頭部打撲その他の原因により、脳表の静脈が損傷し、硬膜下腔にたまった血腫が被膜で覆われ、再出血を繰り返したり、周辺の水を引き…
熱中症 熱中症とは、「高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ脱水となり、体温調節機能がうまく働かず、…
帯状疱疹後神経痛 帯状疱疹後神経痛(post-herpetic neuralgia :PHN)とは、帯状疱疹の皮膚症状が治った後も何か月、時には何年も痛みが残ってしまう…
白内障 白内障とは、カメラに例えると「レンズに当たる水晶体が濁ってくる」ことによって起こります。その原因は主に加齢が多く、40歳代頃…
足白癬(水虫) 足の指の間や足の裏がかゆい。足の指の間がふやけて白くなったり、じゅくじゅくする。足の指の間や裏の皮が剥ける。足裏に小水疱が…
子宮頸部異形成(疑い) ヒトパピローマウイルスが子宮頸部(子宮の入り口)に感染し、子宮頸部の上皮の異形成を起こすのが80%以上と言われています。
子宮筋腫 子宮筋層に発生する良性腫瘍で、女性の8割にみられるポピュラーな病気です。発生・増大に女性ホルモン(エストロゲン)が関与すると…
 

ページトップに戻る