関節リウマチ(Rheumatoid Arthritis)

1.症状
 関節リウマチの症状には、関節の症状と関節以外の症状があります。手の指(指の付け根の関節、指先から二番目の関節)、手首や足趾の関節の痛みと腫れが徐々にみられます。触れると熱感や痛みが強くなるがあることもあります。関節の痛みは少数の関節から始まりますが、長い間には左右対称的に多数の関節に起こり、変形に至ることがあります。
 関節を動かし始めるときにこわばって、動かしにくく、朝起きたときに強く感じるので「朝のこわばり」とよばれます。関節痛は、よくなったり、悪くなったりをくり返しながら長い経過をたどりますが、なかには、治った状態になる人もいます。全身の症状として、倦怠感、微熱、食欲低下などがみられます。肘の外側、後など圧迫が加わりやすい部位の皮下にしこり(リウマトイド結節)を触れることもあります。


2.原因と病態
 関節の痛みと腫れの原因は、免疫の異常によるものと考えられています。免疫とは本来、細菌やウイルスから自己を守る仕組みですが、関節リウマチでは誤って自己の細胞や組織を攻撃してしまいます。それにより関節においては、滑膜という関節を囲んでいる組織から炎症を起こし、痛み、腫れを起こします。進行すると骨や軟骨の破壊を引き起こします。



3.診断
 関節リウマチの発症は30~50歳代の女性に多くみられますが、高齢になって発症する方も増えています。免疫の異常がみられる炎症なので、血液検査で、CRP、赤沈、リウマトイド因子、抗CCP抗体などといった項目を調べます。関節の状態をみるため、レントゲン検査、関節超音波、関節MRI検査があります。いずれも当院で検査可能です。
 症状と診察の所見、検査結果から関節リウマチを診断します。進行するリスクのある疾患ですので、早期発見、早期治療が重要です。


4.治療
 関節リウマチの治療は薬物療法や、関節の変形に対する手術療法などがあります。当院内科(膠原病・リウマチ)では、患者さんの症状、検査結果やバックグラウンドなどを総合的に判断して、適確な治療を行います。メトトレキサート(MTX)などの抗リウマチ薬や、生物学的製剤などの先進的な薬剤の使用により、関節リウマチの進行を抑えられる確率が高くなりました。これらと炎症を抑える痛みをとる薬とを併用して関節リウマチの治療を行います。
 画家ルノワールは、関節リウマチで苦しんだといわれています。もし現代のリウマチ治療を受けていれば、より多くの傑作が生まれていたかもしれません。当院では、日本リウマチ学会認定のリウマチ専門医のもとで、生物学的製剤などの積極的な治療が可能です。関節リウマチ患者さんに寄り添った治療に取り組んでまいります。

診療科のご紹介: のページへリンク

ページトップに戻る