慢性硬膜下血腫

※脳は頭蓋骨の下で外側から硬膜、くも膜、軟膜と呼ばれる被膜で覆われています。硬膜下血腫とは脳を覆っている硬膜の下で、硬膜とくも膜の間に血が溜まる(血腫)ものです。慢性硬膜下血腫は文字通り血腫がゆっくりと慢性に増大していく病態です。

1.原因
 頭部打撲その他の原因により脳表(硬膜下)の静脈が損傷し、硬膜下腔にたまった血腫が被膜で覆われ、再出血を繰り返したり、周辺の水を引き込んだりして増大していくと考えられています。


2.症状
 頭部の打撲後当初は無症候ですが、おおよそ3週間から2ヶ月の間に血腫が徐々に増大し脳が圧迫されるにつれ、頭痛や頭重の発現・遷延、話しにくい等の言語障害、半身のしびれや運動障害、歩行障害等が発現します。物忘れ等の認知障害や意欲低下等の精神症状で発症したり合併することがあり、高齢者では認知症と間違われる可能性もあり注意を要します。
 一方でドアに頭をぶつけた等の、軽微な頭部打撲でも起こる可能性があるといわれております。また、頭部外傷以外の発症因子としてアルコール多飲者、血栓予防薬の併用、脳萎縮の合併、低脳圧症等も挙げられています。


3.診断
 壮年期以降の成人で、頭痛、片麻痺(歩行障害,上肢の脱力)、記銘力低下・見当識障害等の認知障害が徐々に進行する場合は、慢性硬膜下血腫を念頭に置く必要があります。高齢者では認知症や脳梗塞と考えられてしまうこともあります。CT及びMRIによる画像診断が有用です。


4.治療
 血腫は小さく無症候で脳圧排所見が少ないときは保存的治療で経過追跡を行いますが、原則的には外科的治療が推奨されています。通常は局所麻酔下に穿頭術を行い、血腫を排除します。多くは一回の治療で改善しますが、10%程度に再発が見られます。高齢者などで脳萎縮の強い例、血液凝固異常を有する例、髄液短絡術後症例などでは再発を生じ易いとされています。

慢性硬膜下血腫は治療により改善する可能性が高い病態ですから、頭部打撲後1~2ヶ月程度遅れて頭痛が出てきた、半身のしびれ、動きが悪くなった、急に物忘れが強くなった、ふらつくようになったような場合は、この疾患を念頭に置くことが必要です。

 ※ このような症例があった場合、他院への紹介をさせていただいております。

診療科のご紹介: のページへリンク

ページトップに戻る