HOME > 診療科のご紹介(ポピュラーな病気について) > 眼科 > 白内障

 白内障

1.白内障とは
 カメラに例えると、レンズに当たる水晶体が濁ってくることによって起こります。その原因は主に加齢が多く、40歳代頃より発症し、80歳代ではほとんどの方に白内障による視力低下が認められます。その他の原因としては、全身疾患(アトピー性皮膚炎、糖尿病など)、先天性(風疹)、外傷性、薬剤性のものなどがあります。




2.白内障の症状
・視界が全体的にかすむ
・眼鏡をかけても視力が低下する
・光をまぶしく感じる
・物が二重に見える
 これらは水晶体が濁ってくることによって、光が散乱したり、網膜に届く光が減少したりすることによって起こります。最終的に水晶体が完全に濁ってしまうと見えなくなってしまいます。

3.白内障の治療法
◎生活に支障がないとき
 自覚症状があまりない場合は経過をみたり、白内障の進行を抑える点眼やサプリメントを用いたりすることがあります。あくまで進行を遅らせるだけであり、水晶体の濁りを元に戻して視力を回復させることは出来ません。
◎生活に支障が出てきたとき
 新聞が読みづらくなったり、車の運転に支障をきたしたり、外出の際にまぶしさが強く感じるようになったりしたら、外科的手術の適応になります。白内障手術は局所麻酔で行われ、超音波装置を用いて水晶体を砕いて取り除き(超音波水晶体乳化吸引術)、人工の眼内レンズに入れ替えます。手術時間は問題なければ15分程度です。

・当院では経験豊富な医師が手術執刀に従事しており、患者様の状態に合わせて最適な治療をご提供しております。
・また万一のサポートに関しましても、関連病院である順天堂大学順天堂医院と連携し、より専門的な治療のご提案もさせていただきます。お気軽にご相談ください。

診療科のご紹介: のページへリンク

ページトップに戻る