2016〜2017 インフルエンザ予防接種のご案内
 - Vaccination against Influenza -
※ 当院での「今季のインフルエンザ予防接種」は修了しました。
 インフルエンザは、(既感染者の咳やくしゃみによって排出された)インフルエンザ・ウイルスに感染することによって発症します。典型的な症状は、@突然の高熱・頭痛・筋肉痛、Aのどの痛み・咳・鼻水ですが、B気管支炎・肺炎を合併し、重症化することもあります。
ここからインフルエンザ一問一答 みんなで知って、みんなで注意!」をご覧頂けます。
ここから「インフルエンザQ&A(厚生労働省)をご覧頂けます。


 インフルエンザ予防接種は(完全に発病を抑えることはできませんが)、重症化
  防止には効果があります。当院での接種期間は、2017年1月31日までとなります。
 ご予約は、お電話(03-3685-2166 内線5128 <医事課初診>)にて、
  平日13:00〜16:30の間に「インフルエンザ予防接種の申込み」とお伝え下さい。
  またはご来院の上、1F受付カウンターA予約外受付窓口にてお申し込み下さい。
診療科 初診の方 再診の方 予約先
 内科  完全予約制
(月・水[第1・第3]・金)
 接種時間 15:30〜16:00
かかりつけ医の受診時にお申し付け下さい。(当日[午前・午後]接種) A予約外受付窓口
 小児科  完全予約制(但し初診の方は電話予約はできません) 小児科
 婦人科  実施しておりません。 婦人科通院中の方のみ
(当日接種[午前・午後])
なし
 整形外科 かかりつけ患者の方のみ
(当日接種[午前・午後])
 外科 外科通院中の方のみ
(当日接種[午前・午後])
 耳鼻咽喉科 かかりつけ患者の方、午前のみ
(内科と併科受診の方は、内科で実施)
 泌尿器科 泌尿器科通院中の方のみ
(当日接種[午前・午後])
 その他 (脳神経外科・眼科・皮膚科・メンタルクリニックでは)実施しておりません。

※ 当日診療予約が入っている方は、
  @まず再来機(もしくはA予約外受付窓口)で受付します。
  A助成対象の方
    各診療科で診察前に、予めご記入頂いた「区から届いたインフルエンザ予防接種予診票」を添えて、インフル
    エンザの予防接種を希望する旨をお申し出下さい。

  B自費診療の方
    各診療科で診察前に、インフルエンザ予防接種を希望する旨をお申し出下さい。「当院のインフルエンザ予防
    接種予診票
」をお渡しします。ご記入の上、もよりの職員にお渡し下さい。


用のご案内
※ 区により助成金額が異なりますので、各区より送付の書類をご確認下さい。
区分 料金 備考
 高齢者(75才以上) 無料  区から届いた「インフルエンザ予防接種予診票」が必要です。(持参ない場合は、全額自己負担となります)
*注).心臓・腎臓・呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能の障害を有する方
 高齢者(65〜74才)及び
 60〜64才で身障者手帳の1級*
 お持ちの方
\2,500
(江東区)
 一般(13〜64才) \5,300
(税込)
 当院の各診療科にてお渡しする「インフルエンザ予防
 接種予診票」に、接種当日ご記入して頂きます。
 小児(1回目接種) \2,800
(税込)
 小児(2回目接種) \2,500
(税込)

 江東区の「インフルエンザ接種費用の助成」に対する注意事項
  @ 現在64歳の方は、65歳の誕生日の前日から2,500円で接種できます。
   (それ以前に接種されると、全額自己負担です)但し、60歳以上65歳未満の方対象者を除きます。
  A 昭和16年10月2日〜昭和17年1月1日生まれの方は、75歳以前に接種されても無料で接種できます。
  B 昭和17年1月2日〜2月1日生まれの方は、75歳以後に接種されても自己負担が2,500円かかります。

icon 上へ