そけいヘルニア(脱腸)について

 そけいヘルニアについて

 そけいヘルニア(脱腸)は、子供の病気と思われがちですが、むしろ成人に多く、手術以外、治療方法がありません。痛みも少なく短期入院で済む新しい手術方法が普及してきており、生活の質を考慮すれば、積極的に治療した方が良い病気です。

 そけいヘルニアとは?

 「そけい(鼠径)」とは、太もももしくは足のつけねの部分のことをいい、「ヘルニア」とは、体の組織が正しい位置からはみ出した状態をいいます。
 「そけいヘルニア(鼠径ヘルニア)」とは、本来ならお腹の中にあるはずの腹膜や腸の一部が、多くの場合、鼠径部の筋膜の間から皮膚の下に出てくる下腹部の病気です。一般の方には「脱腸」と呼ばれている病気です。タイヤの弱くなった部分から内部のチューブが突き出ているのに似ています。(最近はめっきり見かけないチューブ入りのタイヤですが、ヘルニアのイメージを理解していただくという意味合いで紹介しています)

 そけいヘルニア(脱腸)の症状

 初期のころは、立った時やお腹に力を入れた時に鼠径部の皮膚の下に腹膜や腸の一部などが出てきて柔らかい腫れができますが、普通は指で押さえると引っ込みます。太ももや足のつけね(そけい部)に何か出てくる感じがあり、それがお腹の中から腸が脱出してくるので「脱腸」と呼ばれています。
 次第に小腸などの臓器が出てくるので不快感や痛みを伴ってきます。腫れが急に硬くなったり、膨れた部分が押さえても引っ込まなくなることがあり、お腹が痛くなったり吐いたりします。これをヘルニアのカントン(嵌頓)といい、急いで手術をしなければ、命にかかわることになります。
 不快感や痛みを感じる。 立った時やお腹に力を入れたとき、そけい部に柔らかい腫れを感じる。 
 指で押さえると通常は引っ込む。腫れが急にかたくなり、指で押さえても引っ込まなくなる。カントン(嵌頓)この場合は緊急手術が必要です。

 そけいヘルニアの種類

 そけいヘルニアになりやすい人

加齢

 特に40歳以上の男性
日常生活

 咳をよくする人
 妊娠をしている人
 過激な運動をする人
職業

 お腹に力がかかる仕事
 立ち仕事に従事している人
病気

 便秘症
 肥満
 喘息
 慢性肺疾患

icon 上へ