カプセル内視鏡検査のお知らせ

 カプセル内視鏡検査って何?

 カプセル内視鏡検査とは、超小型カメラを内蔵した26×11mmのカプセルを、ビタミン剤のように(口から)飲み込むだけの内視鏡検査です。カプセルは消化管を経過しながら(小腸内壁の画像を)撮影し、画像データを記録装置に転送します。担当医師は、この画像をもとに小腸の診断を行います。

 この検査の特徴について

 従来の小腸検査に比べ、苦痛がほとんど無い検査です。
 日常生活をしながら、検査できます。
 検査開始2時間後からお水、4時間後から軽い食事を取ることができます。

 小腸は全長が6〜7mと長く、全消化管の75%を占める、体内で最長の臓器です。そのため従来の内視鏡やその他の検査法では、十分な観察が出来ませんでした。カプセル内視鏡検査は、他の小腸検査では見逃されてきた病変の検出が可能であり、特に「原因不明の消化管出血例の内、約9%に腫瘍が発見され、またその約50パーセントが悪性腫瘍である」ことが分かりました。 
 一個のカプセルを飲み込むことで小腸内視鏡検査ができ、原因不明の消化管出血の解明に有用であり、さらにはがんなどの早期診断、早期治療の可能性が開ける検査法です。

 簡単な検査手順

1.カプセルを、適量の水とともに飲み込みます。
2.カプセルは消化管内を移動しながら、小腸内部を撮影します。
  その画像データは腰に装着したデータレコーダーに保存されます。
3.保存した画像データを、専用のソフトウエアにより医師が解析します。

よくあるご質問

Q.  どのような場合に検査できますか?
A.  カプセル内視鏡検査は、「原因不明の消化管出血が疑われる場合」の検査として、保険が適応され
   ます。
具体的には、血液検査・便潜血検査・X腺検査等を実施し、内視鏡による上部および下部消化管
   検査をしても出血源が不明な症例のケースです。
   但し、ペースメーカー使用者、嚥下障害・消化管狭窄が疑われる患者さんは、受診できません。
Q.  日常生活しながら検査できる、とありますが…
A.  検査は、カプセルを飲んでから約8時間で終わります。装着したデータレコーダーは、当院にて
   取り外します。その間は、(健康状態によりますが)入院することなく日常生活を送ることができます。
   飲食は、検査開始後2時間以降から水を、4時間以降に軽い食事をお摂り頂けます。
Q.  検査前に注意することはありますか?
A.  食事は、前日22:00までに消化の良いものをお取り下さい。それ以降は、少量の水以外は飲食でき
   ません。内服薬は、医師にご相談下さい。また、カプセル内視鏡を飲む24時間前より禁煙となります。
Q.  費用はいくらかかりますか?
A.  カプセル内視鏡本体の費用と検査料として、(3割負担の場合)約3万円程度です。
icon 上へ