- Clinical physiology - up

生理機能検査について

 生理機能検査は医療機器を用いて体の構造や機能に関する様々な情報(特に循環器や呼吸機能、脳・神経系の機能の状態)を調べる検査です。
 生理学的検査:心電図・運動負荷心電図・ホルター心電図・ABI・脳波・筋電図
 呼吸機能検査:スパイロメータやパルスオキシメータなど肺の機能を調べる検査

生理学的検査

 心電図検査は心筋の虚血(狭心症や心筋梗塞)不整脈などを検査する目的で実施されます。ベッドに寝た状態で両手両足首および胸部に電極をつけ、心筋の動きにより生じた微細電流を測定し、心筋の状態を観察する検査です。
 また、運動を行いながら心臓の状態を見る運動負荷心電図や、24時間連続して心電図を記録するホルター心電図検査も行っています。他にも、近年注目されている動脈硬化を調べるABI・CAVI検査や、てんかんなどの鑑別の指標となる脳波検査を行っています。

呼吸機能検査

 呼吸機能検査は、肺の膨らんだ時の大きさ(肺活量)や空気の通り道(気道)の状態を調べるスパイロメータ、血液中の酸素飽和度を測定するパルスオキシメータがあります。
 睡眠時無呼吸症候群(SAS)が疑われる場合には、専用のパルスオキシメータを使用して簡易検査を行っています。

icon 上へ