医療安全管理室   - Medical Safety Management Office -

医療安全管理室について

 安全な医療の提供は、医療の基本であり、医療の質に関わる重大な課題です。医療は年々高度化・専門化するにつれてますます複雑なものとなり、医療事故に繋がりかねない要因は増加する傾向にあります。そのような中で医療安全管理室は、組織横断的に医療に係る安全管理の中枢を担う病院長直属の組織として、院内の安全推進活動を行っています。
 医療安全管理室は、小澤医療安全管理者(副看護部長)を中心とし、医療機器安全管理責任者、医薬品安全管理責任者、リスクマネージャー、事務員等で構成されています。

活動内容

 具体的な活動は、①インシデント・アクシデント報告をもとに要因分析,改善策の検討・フィードバック・評価、②マニュアルの作成、③院内・外事例情報の相互共有を図るため「医療安全だより」発行、④定期的な院内医療安全ラウンドを実施し、病院内の危険チェック・現場教育の実施、⑤医療安全に関する研修・教育の企画・運営です。 

医療安全への取り組みについて

 医療安全の取り組みは、私たち医療者だけの努力では達成できるものではなく、患者さんのご協力も不可欠です。お名前の確認やお薬の確認など医療者と一緒に行うなど、是非ご理解とご協力をお願い致します。
 患者誤認防止のため、患者様自身からお名前を伺っております。


 見守り ファイル 外来患者さんの転倒・転落防止対策として、転倒危険のある患者さんの「本日の診療予定票」を付帯するクリアケース・カラーに黄色を採用、職員全体で見守りファイルを持った患者さんの転倒危険防止に努めるようにしています。見守りファイルは 院内どこでも準備しています。ご不安な方は、お近くの事務・看護師に声をかけてください。


icon 上へ