臨床工学で医療を支えます!

 今日の医療現場では、高精度な医療機器による治療が効果を上げておりますが、一方で誤使用による事故が何時起きても不思議でない現状にも直面しています。
 ME室では、現在の医療に不可欠な医療機器のスペシャリストとして、臨床工学士2名にて、病棟で使われる医療精密機器の保守・点検・管理を行っています。今後益々増大する医療機器の安全確保と有効性維持の担い手として、チーム医療に貢献できるよう努めるとともに、学会にも積極的に発表や参加をし、技術の向上に努めて参ります。
医療精密機器の保守・点検・管理
 人工呼吸器・除細動器・輸液ポンプ・シリンジポンプ・AED等の医療機器の管理・保守・点検業務を行っています。また、メンテナンス認定講習会を受講し技術力を高め院内で可能な修理・点検業務を行っています。

認定資格
 臨床ME認定士(2名)
シリンジポンプ 輸液ポンプ 人工呼吸器