リハビリテーションについて

リハビリテーションとは、「再び適した状態にする」という意味です。具体的には、病気や怪我により、出来なくなってしまった能力を元に戻すのではなく、可能な限り質 の高い生活を送ることができるように治療して行きます。
 障害を治すだけでなく、障害があってもより豊かな生活を送れるよう、ご本人やご家族と相談し、支 援をすることもリハビリテーションに含まれます。より良い治療を提供できるよう、日々努めております。

 整形外科医長 兼リハビリテーション副センター長 桑原 宏朋 くわはら ひろとも
出 身 校  群馬大学 
専門分野  整形外科一般
資  格  日本整形外科学会 専門医
コメント  患者さんに寄り添ったリハビリテーションを提供できるよう、スタッフ一同日々努力して参ります。

 リハビリテーションセンター医長 森 薫 もり かおる
出 身 校  信州大学
専門分野  整形外科、運動器リハビリテーション
資  格  日本整形外科学会 専門医
 日本整形外科学会認定 運動器リハビリテーション医
コメント  30床の小規模病棟ですので、アットホームにきめ細かい
 気配りで診療を行っています。
 主な対象疾患

整形外科系
 上肢・下肢・脊椎の骨折、脊柱や脊髄の疾病、切断、靱帯損傷、人工関節置換術など。
内科系
 脳血管性疾患やパーキンソン病、脊髄小脳変性症等の変性疾患、治療による廃用など。
外科系
 肺・胃・直腸・乳癌等の手術後、熱傷など。
 急性期・回復期リハビリテーション

 急性期では、主に外傷、事故による骨折や脳卒中発症直後、外科手術直後、慢性呼吸不全等の急性期の入院患者様を中心に行っています。治療は患者さん個々の病態に合わせ、個別に実施しております。また週に一度、各医師・看護師・医療ソーシャルワーカー・薬剤師・栄養士・レントゲン技師が集まり、患者様により良い治療を提供できるよう、カンファレンスを行なっています。
 回復期病棟は30床で、中枢神経疾患が中心となっております。急性期と同じく、経験あるセラピストが個別に担当して質の高い治療を実施しております。月に一度、担当医と看護師、医療ソーシャルワーカー、各担当療法士が集まり、カンファレンス等で現状と今後の方針について話し合っております。一般病棟と異なり、家屋調査や屋外練習、面談なども行い、リハビリを病棟の生活から在宅復帰できるよう、スタッフや環境に配慮した病棟となっております。