呼吸器内科のご紹介

 呼吸器疾患は癌、喘息、結核、肺炎、インフルエンザなど感染症、間質状肺疾患、COPD、呼吸不全、睡眠時無呼吸症候群、気胸、肺循環などまさに幅広い分野にわたります。当院は、こうした分野にわたって治療経験を積んだエキスパートによる診療を行うことのできる、城東地区では随一の病院であると自負しています。肺炎、誤嚥性肺炎、喘息発作、気胸、急性呼吸不全、胸痛などの急性期疾患に対して積極的な受け入れと治療を行なう「必要な全ての患者さんを受け入れる」ことのできる治療体制を目指しています。


 また、当院は地域の中核的総合病院としての役割を持っており、内科だけではなく様々な領域の疾患で患者さんが入院されています。入院中に肺炎合併症や、新たな呼吸器疾患が見つかったりしてしまう患者さんもいらっしゃいます。当診療部門では、そのような患者さんに関しましても主治医との連携を取り、適切な診療に当たれるように心掛けております。

呼吸器内科 診療スタッフ
 呼吸器内科部長 藤井 充弘 ふじい みつひろ up
出 身 校  島根医科大学 
専門分野  呼吸器内科一般
資  格  日本内科学会総合内科専門医
 日本呼吸器学会専門医・指導医
 日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医
 日本アレルギー学会専門医
 がん治療認定医
 医学博士
コメント  患者さん一人ひとりに合った医療を提供致します。

 呼吸器内科医長 糸魚川 幸成 いといがわ ゆきなり
出 身 校  聖マリアンナ医科大学 
専門分野  呼吸器内科
資  格  日本アレルギー学会 アレルギー専門医
 日本呼吸器学会 呼吸器専門医
 日本内科学会認定内科医
 医学博士
コメント  地域医療に貢献できるよう、努めて行きたいと思います。お困りの方はご相談下さい。

 呼吸器内科医長 藤川 貴浩 ふじかわ たかひろ
出 身 校  聖マリアンナ医科大学 
専門分野  呼吸器内科一般
資  格  日本呼吸器学会 呼吸器専門医
 日本内科学会認定内科医
 日本医師会 認定産業医
 日本結核病学会 結核・抗酸菌症指導医
 身体障害者福祉法指定医(呼吸器機能障害の診断)
 厚生労働省医政局長認定 臨床研修指導医
 東京都難病指定医
 肺がんCT検診認定機構認定医
コメント  地域に根ざした医療を目指して行きます。

 呼吸器内科医師 本間 裕一郎 ほんま ゆういちろう
出 身 校  順天堂大学 
専門分野  肺がん、呼吸器疾患全般
資  格  日本内科学会認定医
 日本呼吸器学会認定専門医
 日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
コメント  呼吸器疾患全般、特に肺がんについてお困りのことがあれば、お気軽にご相談下さい。

 呼吸器内科医師 木庭 尚哉 こば なおや
出 身 校  島根大学 
専門分野  呼吸器一般
資  格  日本内科学会認定医
コメント  心を込めた医療を提供致します。

感染制御室
 感染制御室 室長 坂東橋 堅太郎 ばんどうばし けんたろう 
出 身 校  高知医科大学 
専門分野  呼吸器内科一般
資  格  総合内科専門医
 日本呼吸器学会認定専門医
 臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
 がん治療認定医
 医学博士
コメント 感染予防の徹底と的確な対応が取れる体制作りを進めて参ります。

呼吸器リハビリテーション外来
 非常勤医師 植木 純 うえき じゅん
出 身 校  順天堂大学 
専門分野  慢性閉塞性肺疾患(COPD)、呼吸リハビリテーション、
 気管支喘息、胸部画像診断、呼吸器一般、呼吸管理
資  格  順天堂大学大学院医療看護学研究科
 臨床呼吸病態学分野教授
リンク  呼吸リハビリテーション外来 

悪性腫瘍に対する取り組み

 肺がんの死亡率は近年減少傾向にありますが、まだ悪性新生物死亡率の上位を占める疾患です。当科では近隣の施設とも連携して、正確な診断が行えるよう心掛けています。
 化学療法に関しては、この数年新規の薬剤が次々と使用可能になっています。当科では最新の知見に基づいた信頼できるプロトコールを用いて、患者さん個々に合った適切な治療を行うよう努めています。手術、放射線治療が必要な場合には、専門の施設に紹介させて頂き、集学的な治療を行っています。

慢性呼吸不全に対する取り組み

 慢性呼吸不全の原因は、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、肺結核後遺症など多くの呼吸器疾患があります。当科では、呼吸のサポートのために在宅酸素療法、在宅非侵襲的陽圧換気療法などを導入して、患者さんの生活水準(QOL)の向上に努めています。
 ホームドクターの先生方との連携も積極的に進めており、呼吸状態の急な悪化に対応できるよう努めています。また、毎週金曜日に行っております呼吸リハビリテーション外来では、より良い呼吸状態の維持のためのサポートを致します。

気管支喘息に対する取り組み

 吸入ステロイドが普及し、ピークフローメータ−や喘息日誌による自己管理の向上により、大きな発作をおこす方はずい分減少しています。しかし、日本ではまだ約1,500人の方が喘息発作により亡くなっておられ、また特に高齢者の患者さんが多いのが現状です。
 気管支喘息に対しては吸入薬・内服薬に加え、注射薬である抗IgE抗体、抗IL-5抗体を併用した治療を積極的に行っています。

主に取り扱っている病気

1) アレルギー性疾患
2) 肺癌、悪性中皮腫 など
3) 慢性呼吸不全 肺気腫・慢性気管支炎 など
4) 感染呼吸器疾患・肺炎・誤嚥性肺炎・肺化膿症・胸膜炎・膿胸・結核 など
5) びまん性肺疾患 間質性肺炎・サルコイドーシス・じん肺・過敏性肺臓炎など
6) 睡眠時無呼吸症候群
7) 気胸

お知らせ