当科のご予約について

 当院睡眠時無呼吸(SAS)センターは完全予約制のため、“当日の予約”はできません。予めお電話にてご予約の上、ご来院頂きますようお願い致します。
(SASセンター宛)

睡眠時無呼吸症候群の検査と治療

 当センターでは、「いびきや睡眠時無呼吸症候群に関する専門外来」を開設しております。今までいびきや、夜間に呼吸が止まっているなどと言われ、気になったことがある方はお気軽にご相談ください。
・日中に眠くなる
・睡眠時間はしっかり取っているのに、あまり眠った気がしない
・いびきをかく!
・寝ても疲れが取れない

 
などの症状が出ている方、一度詳しく検査をしてみませんか?


 この病気は働き盛りの方にもよく見られます。高血圧・糖尿病等の生活習慣病に起因していることがあるからです。若いからといって安心はできません。また運転をされる方は、「日中の眠気や集中力低下による事故」の原因となることもあります。上記症状に心当たりがある場合は、当院呼吸器内科又は耳鼻咽喉科に受診の上、早めの検査をお勧めします。
 お子様のいびきの相談も行っております。肥満体の人、首が短くて太い人、顎が小さい人、扁桃腺が大きい人等に起こりやすい事が知られています。また、成人病系の合併症を引き起こす要因となるとも言われています。

症状と合併症について

「睡眠時無呼吸症候群」とは、眠っている間に呼吸が止まる病気です。無呼吸自体で即、窒息死を起こすことはありません。それよりもむしろ、睡眠不足に起因する高血圧症や心疾患などの生活習慣病になったり、昼間の眠気により、労働災害や交通事故を起こしたりすることが問題視されている病気です。睡眠時無呼吸症候群の方は、健康な方と比較して…
----------------------------
・高血圧を発症する可能性は2倍
・狭心症・心筋梗塞は3倍
・脳血管障害は4倍
・糖尿病は1.5倍
----------------------------
という報告があり、高脂血症・高尿酸血症の合併も多いことが判明しています。
 米国のデータでは、“睡眠1時間あたり20回以上無呼吸が記録された患者さん”は無治療のまま放置すると、9年後には40%の方が心臓病・脳血管障害・交通事故などで亡くなっていたという衝撃的な報告もあります。
 

検査について

 睡眠時無呼吸症候群は「睡眠中の出来事」ですので、1晩の検査入院が必要です。睡眠に関する様々なことを測定する「終夜睡眠ポリグラフィー」という検査を実施します。
 睡眠状態を見るために脳波・筋電図・眼球運動図など、睡眠中の呼吸の状態をみるために鼻の気流とお腹と胸の動き、血液中の酸素の濃度などを同時に記録します。測定には体にセンサー(下図参照)を取り付けますので、少々わずらわしく感じるかもしれませんが、痛みを伴う検査ではありませんのでご安心ください。
 
18時〜19時 夕食を済まして来院、入院
19時〜20時 検査の準備、検査開始
翌6時〜7:30頃 検査終了、退院



解析ソフトウエア

治療について

 検査後「睡眠時無呼吸症候群」と診断された場合は、患者さんにあった治療法を選択いたします。と同時に、ご自身で“生活習慣の見直し”も行うようにしましょう。肥満ぎみの方は(有酸素)運動を、アルコールを嗜む方は就寝前の飲酒は控えるようにしましょう。
 また、睡眠薬などを服用している方は、主治医にご相談ください。(薬の中にはかえって無呼吸を悪化させるものがあります)


CPAP療法 ・就寝時に患者さんの鼻から空気を送り込み、気道は閉じてしまわないようにする方法です。「睡眠時無呼吸症候群」の治療法として、確立している方法です。

口腔内装具 ・カスタムメードで作製したマウスピースを就寝時に用いる方法です。上下の顎を固定し、下顎を上顎より前に出す形で無呼吸用のマウスピース作成になれた歯科医師が作製します。一般的に軽症のSAS患者さんに処方されることが多いです。

外科手術 ・扁桃腺肥大の場合や、口蓋垂が大きく垂れ下がっている方に向く治療法です。無呼吸症候群の手術になれた耳鼻咽喉科医で治療致します。

-SASセンター 診療スタッフ-
 SASセンター長 関 眞規子 せき まきこ
出 身 校  順天堂大学 大学院 
専門分野  睡眠時無呼吸症候群
 免疫アレルギー疾患
資  格  順天堂大学耳鼻咽喉・頭頸科 非常勤講師
 医学博士
 日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医
コメント  患者さんにやさしい医療、地域に根ざす診療をめざしています。どんな小さな事でも御相談下さい。

統計資料