個性を生かした看護を実践しています

 病院という空間には、患者さんひとりひとりの日常的な生活が存在します。その中で治療面のフォローだけでなく、病気や入院によって思うようにできない部分、例えば「食事や入浴も含めた日常生活を、安心かつ安全に手助けをして差し上げる」ことが看護の基本だと、私は考えています。

  当院で働く看護師たちは、卒業した学校や経歴、ライフスタイルも大きく異なります。看護師それぞれが、看護へのこだわりを持って入職している訳ですから、私たちは「そうした個々の個性を無理に画一化してしまう」ことはありません。1人ひとりが学んできたこと、経験してきたことを尊重し、共有する。自分のスタイルを生かすことで、自然と人から学ぼうという意識も生まれます。お互いの良い部分を吸収していく内に、自分自身も成長できるのですね。

 そして当院の看護部には、いつも笑顔があります。また、どんな些細なことも話し合って解決し、より良い病院作りをして行こうという活気と温かさがあります。こうした職場であることを誇りに持ち、私たちはこれからも患者さんのため、そして看護という仕事を選んだ自分たちのために、日々努力して行きます。

 ぜひ一度、私たちの職場を見にいらして下さい。江東病院はあなたの「個」を応援します。

看護体制について

  2交代制(日勤・夜勤)
  看護方式 : 固定チームナーシング
  入院基本料施設基準 7:1

看護部の理念(私たちがめざす看護とは…)

  生命の尊厳と人間性を尊重した看護を実践する
  看護の専門性を追究し、知識技術を向上させる
  チーム医療での看護部門としての役割を十分発揮して協働関係が保てる
 
 私たちがめざす看護とは、患者さんとご家族を中心に6枚の花びらで囲み、病院の理念である大地と、看護部門の理念である太陽から、その患者さんが、より健康的で満足のいく日常生活を送れるようサポートさせて頂くことです。

看護部での能力開発について

 クリニカルラダー制度
 現在の看護実践能力の位置を自分自身で確認し、さらに質の高い看護実践能力を習得するための指標となるよう、4段階のレベルを定めています。そのレベル指標を基に個々の年間目標を達成できるよう、段階別教育研修や勉強会の手段により学習します。
レベルT こえび
 新卒〜再入職者
指導を受けながら、看護が実践できる
レベルU あまえび
 卒後2〜3年目
マニュアルに基づき、自立して看護が実践できる
レベルV くるまえび
 卒後4〜8年目
チームリーダー業務が実践できる
分析的に捉えた看護が提供できる
レベルW いせえび
 卒後4〜8年目
部署においてリーダーシップが発揮できる
院内全体や社会など、視野を広めた看護活動ができる
※段階をえびのキャラクターで表した「ラダーカード」を、毎年作成して配布しています。

 年間教育
個人のレベルに応じた教育プログラムを、教育計画に基づいて看護部教育委員会が企画、実践しています。
 

新入職者の集合研修

 新人オリエンテーション

やっと式が終わったー!

こちらは準備に余念がありません。(某師長談)

さあー。しっかり覚えてちょーだい。

グループワークも緊張ぎみです。

モデル患者さんで模擬演習しています。

嚥下障害の摂食サポート

注射手技を学んでいます。

創傷処置を学んでいます。

ME専門家がレクチャーします。

いつのまにか、師長の説明にも熱がこもります。

採血実習!

電子カルテ操作も、覚えることいっぱい!

無事研修を修了しました。

ホッと一息です。

 新人(8ヶ月目)研修

研修スタートです。

副看護部長のお話し

防災について

フィジカル・アセスメント

看護記録について

グループワーク7〜8ヶ月の振り返り

 ラダーT(15ヶ月目)研修

看護部長のお話し

倫理の講義
テストと格闘中…。
「1年後の私」の振り返り発表

休息タイム!

再び講義「医療安全」

ラダーT(15ヶ月目)研修 修了証授与

成長してます!

 第19回 看護研究発表会 平成29年2月25日 江東病院(2F)
看護研究運営委員会  委員長 高橋真由美
 第1部 第1群(14:10〜15:05)  座長(病棟主任)  鈴木 理恵
1.心電図モニター送信機装着の問題点の検討  本館北3F病棟  風間 智子
2.小児科病棟における入院患者の家族指導について  本館南3F病棟  伊藤由起子
3.医療安全「5S活動」導入への検討  本館4F病棟  内田 典子
4.大腸がん手術後の離床と退院までのケア  本館5F病棟  菅 博美
講 評  外来師長  近藤 明美
第1部 第2群(15:15〜16:20)  座長(外来主任)  讃岐 典子
5.手術を受ける患者の心配ごとを明らかにする  本館6階病棟  下大澤沙希
6.終末期患者を受け持つ看護師のストレスコーピングについて  東館3F病棟  千坂 和江
7.自宅退院を阻む因子とFIMの関連  東館4F病棟  静井 基絵
8.外来看護師の接遇に関する検討  外来  中里 真美
9.ラテックスアレルギーに関する意識調査  手術室  松浦 彩香
講 評  病棟師長  永末由貴子
第2部 地域密着型病院の緩和ケア認定看護師の活動  緩和ケア認定看護師  箕輪 智子
総評 看護部長 菊地ひろ子、看護顧問 柿川房子、院長 海老原 功、理事長 小出 輝

平成27年度 看護部実績 

対象 件数 参加者
 院内ラダー別研修 31 750
 看護部企画勉強会 18 706
 看護学生実習受入れ 5か所 -
 院外研修・セミナー・学会参加 261 -