脳神経内科  - Neurology - 

当科のご紹介

 脳神経内科では、脳梗塞・一過性脳虚血発作を始めとした神経救急疾患、パーキンソン病、脊髄小脳変性症等の神経変性疾患、髄膜炎等の神経感染症及び頭痛・てんかんといった神経 common disease の診療を行っております。
 当院では急性期入院治療から外来フォローまで行っており、地域の医療施設とも連携して、地域に密着したトータルケアを目指しています。
 当院では血液・髄液検査、CT検査、MRI・MRA検査、脳波検査、筋電図検査(末梢神経伝導速度等)を行う設備が整っており、最新の治療法から、
・病気のことが良く分からない
・頭のことなので心配で…
・どのような制度が使えるのか?
・家族の介護をどのようにしたら良いか? 等、
 皆さんの身近な相談窓口になれるよう、心がけています。 
 順天堂医院(大学)脳神経内科とも、
 緻密な連携をとり診療しております。

 脳血流シンチグラフィー検査は、
 必要に応じて近隣病院にご紹介しております。
 顔面けいれんに対して、ボツリヌストキシン
 治療なども行っております。

スタッフ紹介

脳神経内科部長 石川 景一(いしかわ けいいち)

出身校  順天堂大学
資 格  日本内科学会認定医
 日本神経学会専門医
 医学博士
専門分野  神経内科一般
コメント  地域に根ざした診療を行ってゆきたいと思っております。

医師 王 梅 (おう めい)

出身校  
資 格  日本内科学会認定医
 日本神経学会専門医
 医学博士
専門分野  神経内科一般
コメント  神経内科疾患については、お気軽にご相談下さい。

非常勤医師

 相川 麻紀(あいかわ まき)
 常深 泰司(つねみ たいじ)
 羽鳥 浩三(はとり こうぞう)

対象疾患

 神経変性疾患(パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、アルツハイマー病)
 脳血管障害・脳卒中(脳硬塞、一過性脳虚血発作、脳出血)
 末梢神経障害(多発神経炎、ギランバレー症候群)
 筋疾患(重症筋無力症、筋ジストロフィー)
 多発性硬化症、感染症(脳炎、髄膜炎)
 習慣性頭痛(片頭痛、群発頭痛、緊張型頭痛、三叉神経痛)、てんかん等

自覚症状

  次のような症状が気になったら、ぜひ一度当科にご相談下さい。
 そういった症状の中に、上記の病気が隠れていることがあります。
 頭が痛い(頭痛)
 手足の力が入らない(動かない)、歩けなくなった。急に意識が無くなった。
 ものが二重に見える。
 まぶたが下がってくる。けいれん発作
 物忘れする。
 急に意識が無くなった。
 ろれつが回らない。
 けいれん発作
 手足や口が勝手に動く。震える。

icon 上へ