ピロリ菌とペプシノゲン検査から、胃がんリスクが分かります!

 ABC検診は、血液を分析して胃がんリスクをA,B,C,Dの4群に分類する検診です。@胃粘膜にダメージを与える「ピロリ菌が感染していないか?」、A「胃粘膜の老化の状態はどうか?」という2種類の検査結果から、将来がんになりやすいかどうかのリスクを判定します。
 胃がんリスクの検査として初めにABC検診を受け、その結果で内視鏡検査などの精密検査を受診する必要性や検査のタイミングを判定できます。



※1. ヘリコバクターピロリIgG抗体検査(Hp抗体):ピロリ菌の感染を調べる検査です。
※2. ペプシノゲン検査(PG):縮性胃炎の程度を調べる検査です。

ABC検診の結果の見方

 ABC検診は、ヘリコバクターピロリIgG抗体とペプシノゲン検査の結果から、胃がんのリスクを判定します。結果は下記のように分類されます。

健康的な胃粘膜で、胃疾患の危険性は低いと考えられます。
消化性潰瘍に留意する必要があります。
胃がんの高危険群と考えられます。
胃がんのより高危険群と考えられます。

※ Eタイプ
 ヘリコバクターピロリ菌除菌後の方は、Eタイプ (除菌群) として定期的な内視鏡検査の実施が推奨されています。 過去にヘリコバクターピロリ菌除菌治療を受けられた方は、ABC検診対象外となります。Eradication(根絶)の意味から "Eタイプ" と言われています。

Q&A

Q. 採血前の食事を摂った場合、検査結果に影響はありますか?
A. ペプシノゲン検査、ヘリコバクターピロリ抗体検査のどちらも食事の影響は受けません。
Q. 検診の対象とならない人はいますか?
A. 明らかな上部消化器症状のある方、ピロリ菌の除菌治療を受けた方、 胃切除後や腎不全 (クレアチニン3mg/dL以上が目安) 、胃酸分泌抑制薬 (プロトンポンプ阻害薬) 服用中 もしくは2ヶ月以内に服用していた方は、ABC検診ではなく、他の検査での検診をお勧めします。また、食道・胃・十二指腸疾患で治療中の方も、(治療が優先されるため)リスク判定が難かしい場合があります。

料金その他

(税込)
 受診を希望される方は、健診センターへお電話でお申込み下さい。
〒136-0072 東京都江東区大島6丁目8番5号
社会医療法人社団順江会 江東病院 健診センター
Tel. 03-3685-2281(直通) 03-3685-2166(代表)