ページトップにもどる

江東病院看護師 中村さん インタビュー江東病院看護師 中村さん インタビュー

「看護師になること」。それは私の小さい時からの夢でした。中学生の時のことです。道でおばあさんが倒れている場面に遭遇したのですが、どうしていいのかわからず、ただ救急車を呼ぶことしかできませんでした。その時の経験も重なって、「人を助ける仕事がしたい」とあらためて思い、看護師になって3年が経ちました。 現在は、整形外科病棟で勤務をしています。整形外科病棟には、小児から高齢者まで幅広い年齢層、また、手術目的の患者様、安静目的の患者様とさまざまな状況の方が入院しています。手術を行う患者様は、手術前になると不安になったり、主治医から手術の説明を受けても、主治医には直接聞けなかった疑問などを私たちにお尋ねになることがあります。不安を軽減するために患者様の話に耳を傾けたり、再度手術の説明をしたり、手術後にはどのようなことを行うのか説明したり…患者様に合わせて対応します。また、今はさまざまな疾患を重ねている方が多いため、整形外科の知識だけでなく、各疾患に対しての専門的な知識、技術なども必要となります。

充実の教育システムのもとキャリアを重ねる

江東病院は安心して働ける環境が整っています。特に、新人看護師が早く職場に慣れ、共により良い看護が実践できるよう、新人一人にプリセプターが一人つき、病棟全体で新人を育てます。 新人の看護師にとって、プリセプターはいちばん身近な存在です。プリセプターは新人の心理的支援をし、リアリティショックの緩和などをサポートします。また、交換ノートや定期的な面談を通して、「困っていることはないか?」という日常の些細なことへのサポートや、実際の技術チェックなどを行っています。
私も、1年目は業務をこなすのに精一杯で、自分の知識や経験の浅さから、不安に押しつぶされそうになったこともありましたが、プリセプターの先輩や同期に支えられ、無事に乗り越えてきました。今では私もプリセプターやリーダーとしての役割を任され、私が先輩にしてもらったように指導ができるようにと思っています。 また、教育システムも大学病院並みに整っており、手厚い教育を受けることができるのも江東病院の魅力です。クリニカルラダー制度のもと、主体的に学習する姿勢を大切に、ラダーのレベルごとに個々の年間目標を立て、またレベルごとの研修に参加していきます。院内では年間20回以上の勉強会を実施、そのほか院外の研修への参加も推奨されています。私も、「急変時の対応」の研修に参加したり、ICLSの資格を取得するなど、日々勉強しながら、自分らしい看護ができるようにがんばっています。

看護師はやりがいのある素晴らしい仕事

江東病院の看護師は、みんな生き生きと働いています。また、看護師同士も仲が良く、仕事帰りに食事へ行ったりして交流を深めています。 私には同期の看護師が4人います。新人の時はわからないことばかりで、先輩からも怒られ、悩んで落ち込むこともありました。そんな時に支えになってくれたのは同期でした。食事をしたり、旅行へ行ったり……彼女たちがいてくれたから、ここまで成長できたのだと思います。
また、仕事を通じて何よりもうれしかったことは、疼痛や苦痛で険しい顔をして入院してきた患者様に、「いちばんの薬はあなたの笑顔だったわ。ありがとう」と笑顔で言っていただけたことです。 看護師の仕事は、やりがいのある素晴らしい仕事だと思います。私も毎日の業務と責任感に押しつぶされそうになることもたくさんありましたが、自分がたいへんだと思った分、うれしいこともたくさんありました。 地域に密着した中核的総合病院で急性期の看護をしながら、自分も看護師として日々成長できることは、何よりも素晴らしいです。ぜひいっしょに働けることを楽しみにしています。
※職名及び経験年数はインタビュー当時のものです。

お問合せ・資料請求