番外編 研修医リレー日誌2011

地域医療研修
 去る9/30(金)に地域医療研修の一環として、初期臨床研修医4名が当院関連の介護老人保健施設(かがやきライフ江東)と認知症グループホーム(サンライズホーム)の見学研修を行いました。





 施設の特徴や病院との連携の在り方などの説明を受け、デイケアの様子から認知症施設入居者のライフワークまで、皆熱心に視察していました。普段一般急性期患者を診ている新人Dr.にとっては、また新たな勉強となったことに違いありません。




 感想(A医師)
 実際に老健(かがやきライフ江東)を見学させて頂いて、「笑顔でゆったりと過ごしている方が多く、とても暖かい空間だな」と感じました。「医療保険が入所中には使えないために多くの退院処方が必要だ」ということなど、日常業務に直接関ることばかりで、とても勉強になりました。



 感想(B医師)
 レジデント一年目の私にとっては、施設の区分も曖昧であり、また施設ごとにルールが違うため、退院時にも戸惑った記憶があります。管理状況は施設によって異なるので「どのような状況で帰所して頂くのが良いか?」、一度施設見学をしておくのは医師にとって重要だと感じました。



 医療法人社団順江会 介護老人保健施設 かがやきライフ江東 の外観です。







icon リレー日誌(過去分)メニューへ icon 上へ