平成30年度 >社会医療法人社団 順江会 江東病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位第5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位第5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 563 111 119 167 399 595 1164 2175 1780 353
当院は、地域密着型の中核病院として日夜診療を行っております。
以前からお住まいの高齢者の方から、江東区に移住されてきた20~40代の働き盛りの方や外国人の方、またその方々のお子様まで幅広い年齢層の患者さまを診療しています。
30年度の年間退院患者数は計7426人でした。
最も多い年齢層としては70~79歳までの患者さまで2175人と全体のおよそ30%を占めています。
60代以上の患者さまは、全体で5472人。前年度よりも153人増となりました。
65歳以上の前期高齢者を含む高齢者の割合は全体のおよそ74%と前年度よりも3%強高くなっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位第5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100071xx99x110 2型糖尿病
(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)
(末梢循環不全あり。)
手術なし 手術・処置等2なし
副傷病あり85歳未満
12 17.17 12.4 0.00 66.58 -
100071xx99x010 2型糖尿病
(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)
(末梢循環不全あり。)
手術なし 手術・処置等21あり
副傷病あり85歳未満
11 17.91 15.1 0.00 71.91 -
100071xx99x100 2型糖尿病
(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)
(末梢循環不全あり。)
手術なし 手術・処置等21あり
副傷病なし85歳未満
10 19.30 14.3 10.00 60.10 -
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う
全身性自己免疫疾患
手術なし 手術・処置等2なし
副傷病なし
6 20.67 15.6 16.67 71.00 -
100071xx99x000 2型糖尿病
(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)
(末梢循環不全あり。)
手術なし 手術・処置等2なし
副傷病なし85歳未満
5 15.00 11.5 0.00 59.00 -
上位5位のうち4つが2型糖尿病の教育入院となっております。
当院での糖尿病教育入院は、糖尿病の勉強だけであれば1週間、勉強と併せて血糖値を下げる目的なら2週間~3週間弱程度の入院となります。
糖尿病治療の基本は、食事療法と運動療法です。
医師、歯科衛生士、看護師、薬剤師、理学療法士、管理栄養士が連携し、小グループの講習を行っており、具体的な指導により日常生活での実践的な知識を集中的かつ効率的に習得が出来ます。
第4位の自己免疫性疾患とは、全身性エリテマトーデスやベーチェット病、サルコイドーシスなどの疾患のことです。膠原病専門の医師が入院と外来にて治療を行っております。

小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、
下気道感染症(その他) 副傷病なし
101 6.19 6.2 0.00 0.74 -
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 73 5.52 6.6 0.00 2.92 -
100380xxxxxxxx 体液量減少症 68 4.43 9.1 0.00 4.66 -
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎
手術・処置等2なし
51 5.37 6.1 1.96 2.65 -
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満)
手術なし 手術・処置等2なし
副傷病なし
30 6.43 5.7 0.00 3.77 -
小児科では、日中の外来以外にも小児救急を実施しており、喘息や肺炎などの呼吸器疾患、脱水症や腸炎、熱性けいれんなどでも受診されるお子様が多くいらっしゃいます。
今年度は、RSウイルスというウイルスによる急性気管支炎が最も患者数が多い結果となり、第2位が喘息(喘息による発作を含む)、第4位がインフルエンザ、第5位が肺炎と呼吸器の病気が多くを占めました。
また上記以外にも第3位の脱水症である体液減少症や新生児や乳児の発熱によるけいれんの熱性けいれんなども多く診療しております。

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 79 5.61 5.0 0.00 69.91 -
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等
腹腔鏡下胆嚢摘出術等
手術・処置等1なし
手術・処置等2なし 副傷病なし
46 7.72 7.3 0.00 62.04 -
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患
(良性腫瘍を含む。)
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
副傷病なし
33 3.12 2.7 0.00 76.36 -
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍
結腸切除術 全切除、亜全切除又は
悪性腫瘍手術等
手術・処置等1なし
手術・処置等2なし 副傷病なし
19 14.05 15.3 5.26 73.84 -
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術
虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等
19 6.16 5.5 0.00 40.32 -
外科の今年度は鼠径ヘルニア(脱腸)が第1位となり、胆のう炎が第2位、大腸ポリープが第3位、大腸がんが第4位、虫垂炎(盲腸)が第5位となりました。
鼠径ヘルニア(そけいヘルニア)は一般的に脱腸と呼ばれる病気で、腸が飛び出すことで太ももの付け根あたりにこぶのような膨らみができる病気です。
虫垂炎(ちゅうすいえん)は一般的には盲腸と呼ばれています。何らかの原因により炎症を起こし、放置していると腹膜炎という重症な病気へと変化していきます。
外科では、救急業務も行っており、重症度の高い急性虫垂炎(盲腸)などは夜間に緊急手術を実施することもあります。
大腸がんをはじめとする消化器のがんに対しても積極的に治療を行っており、根治(治癒)を目指す治療はもちろんのこと、がんに伴う苦痛に対する緩和療法も実施しております。

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 80 23.89 21.5 28.75 82.34 -
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折
人工骨頭挿入術 肩、股等
60 32.07 26.3 45.00 83.17 -
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 54 6.50 5.7 0.00 53.72 -
160700xx97xx0x 鎖骨骨折、肩甲骨骨折 手術あり
副傷病なし
23 4.65 6.1 0.00 43.70 -
160740xx01xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼
骨折観血的手術
肩甲骨、上腕、大腿等
副傷病なし
22 6.64 5.6 0.00 24.59 -
整形外科では第1位が脊椎(背骨)の骨粗鬆症となりました。骨粗鬆症(こつそしょう症)とは骨の強度が下がり、もろくなってしまう病気で、この病気により骨折になってしまうことがあります。
第2位以降は各部位の骨折となりました。第2位は股関節に近い大腿骨(太ももの骨)の骨折、第3位が前腕(手首から肘までの骨)の骨折、第4位が鎖骨(肩から首の間の骨)や肩甲骨の骨折、第5位は肘の関節周辺の骨折となりました。
整形外科の病気はリハビリを必要とすることも多く、特に高齢の患者様の場合はリハビリに専念して頂くために当院の回復期リハビリ病棟への転棟や他の医療機関さんの回復期リハビリ病棟への紹介などを行っております。
また、病気をきっかけとして退院後も日常の生活における動作が今まで通り出来なくなってしまうことも有るため、介護施設への紹介や訪問看護や訪問リハビリの導入のお手伝いも行っております。

眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 680 1.94 2.8 0.00 75.33 -
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり
手術・処置等2なし片眼
14 7.86 7.5 0.00 56.57 -
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 8 16.38 9.7 0.00 65.00 -
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり
手術・処置等1あり
手術・処置等2なし
3 8.00 7.0 0.00 60.67 -
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり片眼 3 18.67 8.0 0.00 74.67 -
眼科では黒目の部分が白く濁ってしまう病気の白内障が第1位となりました。当院では、白内障の手術を数多く行っており、手術の多くは日帰り入院で、平均入院日数は約2日と非常に短い期間の入院となっております。
また、第2位の糖尿病性増殖性網膜症は、糖尿病の合併症(糖尿病によっておこる病気)で、糖尿病によって網膜という組織が障害され視力が低下する病気です。糖尿病内科と連携し、糖尿病の治療も行いつつ治療を行っております。
その他、年間の件数は少ないですが、網膜という組織がはがれてしまう網膜剥離や黄斑(おうはん)というカメラのフィルムにあたる部分が変化してしまう黄斑変性、眼の神経に障害が起こって見えにくくなっていく緑内障など放っておくと失明してしまう様々な眼の疾患の治療、手術も行っております。

耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 17 6.94 7.0 0.00 55.71 -
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、
急性咽頭喉頭炎
手術なし
14 5.71 5.4 0.00 40.00 -
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫
鼓室形成手術
14 3.93 8.3 0.00 50.14 -
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 11 9.09 7.9 0.00 14.00 -
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 11 8.45 5.1 0.00 69.00 -
耳鼻咽喉科では慢性副鼻腔炎(ちくのう症)が第1位、急性扁桃炎が第2位、化膿性中耳炎が第3位、慢性扁桃炎が第4位、メニエール症などのめまいを引き起こす病気が第5位という結果になりました。
慢性副鼻腔炎は、副鼻腔という鼻の一部分で炎症を起こしてしまう病気で一般的には蓄膿症(ちくのう症)と呼ばれています。
軽症のうちは抗生物質や膿の吸引などの治療で改善しますが、放置したり軽症の治療を途中で中断してしまったりして重症化した場合は手術を行い治療します。
第2位と第4位の扁桃疾患は、慢性副鼻腔炎と同様に軽症のうちは薬だけで治療しますが、扁桃炎を繰り返す場合は手術で扁桃という部分を取り除きます。
第3位の化膿性中耳炎も重症化し鼓膜に穴が開いたり、耳の中の骨が壊されたりした場合は手術を行います。
第5位のメニエール病をはじめとする前庭機能障害という疾患は、めまいの疾患になります。症状に対してステロイドやめまいを止める薬によって治療を行っております。

リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折
人工骨頭挿入術 肩、股等
28 83.14 26.3 0.00 81.75 -
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 8 74.38 21.5 0.00 82.25 -
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。)
人工関節再置換術等
4 76.00 24.3 0.00 81.50 -
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症
(変形性を含む。)
人工関節再置換術等
4 59.25 22.3 0.00 74.00 -
010060x0990201 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降
又は無症候性、かつ、JCS10未満)
手術なし
手術・処置等1なし
手術・処置等22あり
副傷病なし
発症前Rankin Scale 0、1又は2
3 87.00 16.1 0.00 79.33 -
リハビリテーション科は回復期リハビリ病棟として、他の医療機関からの転院はもちろんのこと、院内は主に整形外科、脳神経内科などから急性期の治療を終えた患者様を受け入れて治療を行っております。
順位としては、大腿骨頚部骨折など股関節周辺の大腿骨の骨折が第1位、第2位が骨粗鬆症が原因で起きた背骨の骨折となりました。
第3位が膝の関節症、第4位が股の関節症と整形外科の疾患が続き、第5位が脳血管の病気である脳梗塞という結果になりました。
第5位の脳梗塞は脳神経内科で治療後転棟し回復期リハビリテーションにてリハビリに専念していだくことが多くあり、また他の医療機関さんで手術などの治療が終わった後、当院へご紹介いただき、当院の回復期リハビリテーションにてリハビリを行うということもあります。

脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし
手術・処置等2なし 副傷病なし
15 16.07 17.7 20.00 76.53 -
010230xx99x00x てんかん 手術なし
手術・処置等2なし 副傷病なし
13 6.15 7.3 7.69 52.54 -
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、
かつ、JCS10未満)
手術なし 手術・処置等1なし
手術・処置等24あり 副傷病なし
発症前Rankin Scale 0、1又は2
8 20.00 16.2 12.50 65.75 -
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、
かつ、JCS10未満)
手術なし 手術・処置等1なし
手術・処置等22あり 副傷病なし
発症前Rankin Scale 0、1又は2
7 13.43 16.2 0.00 71.71 -
010060x0990201 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降
又は無症候性、かつ、JCS10未満)
手術なし 手術・処置等1なし
手術・処置等22あり 副傷病なし
発症前Rankin Scale 0、1又は2
6 18.17 16.1 16.67 74.00 -
脳神経内科では第1位が指定難病のパーキンソン病、第2位がてんかん、第3位から第5位までが脳梗塞という結果になりました。
第1位のパーキンソン病は、ふるえや筋肉の低下に伴う歩行障害、嚥下障害(飲み込むという動作の障害)が起き、救急外来を通して入院するケースが多くあります。入院後は症状に合わせて薬物治療を行ったり、筋力の低下に対してリハビリを実施します。
第2位のてんかんも意識障害やそれに伴う転倒などでパーキンソン病と同じく救急外来を通して入院することが多い傾向にあり、入院後は脳波の検査や抗てんかん薬というてんかんの為の薬で発作を抑える治療を行います。
第3位から第5位の脳梗塞は、急性期の脳梗塞であればエダラボンという脳を保護する薬を投与したり、脳梗塞による筋力の低下や動作の不自由に対してリハビリを実施したりします。
脳梗塞をはじめとする脳血管疾患は当科で治療後、回復期リハビリ病棟に転棟したり、他の医療機関さんの回復期リハビリ病棟などに転院をし、よりリハビリに専念してもらうこともあります。

皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 66 7.58 9.0 0.00 71.95 -
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 39 11.97 12.5 5.13 61.10 -
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹 手術・処置等1なし 11 11.91 10.7 9.09 56.27 -
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物
皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等
手術・処置等1なし
4 3.00 4.0 0.00 61.50 -
080110xxxxx0xx 水疱症 手術・処置等2なし 4 42.50 29.5 25.00 80.25 -
皮膚科では、湿疹や巻き爪などの通常の皮膚疾患から、水疱症や帯状疱疹などの感染症による皮膚疾患や良性腫瘍のいぼや悪性腫瘍の皮膚がんをはじめとする腫瘍まで幅広く診療を行っております。
順位としては第1位が帯状疱疹となりました。帯状疱疹は水痘(みずぼうそう)の治療をした後、様々な病気や疲れなどによって免疫能力が落ちた際に体の半分に痛みのある湿疹が出来る病気です。
第2位は蜂窩織炎(ほうかしきえん)などの急性膿皮症で、こちらは虫刺されや外傷の際、細菌が皮膚内に入り炎症を起こす病気です。
第3位は治療する為の薬などに対してアレルギー性の湿疹が出る薬疹・中毒疹となりました。
第4位は、皮膚に出来る良性腫瘍でした。一見良性でも、腫瘍を手術で取り除いて、検査をしてみると悪性(がん)の場合もあり、その際は他院へ治療をお願いすることもあります。
第5位は水疱症でした。水疱症は、原因不明のみずぶくれが出来る疾患です。指定難病の場合もあり、その際は他院へ治療をお願いすることもあります。

泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし
手術・処置等1あり
副傷病なし
113 2.02 2.5 0.00 69.94 -
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術
経尿道的手術 手術・処置等1なし
手術・処置等2なし
64 8.38 7.2 0.00 75.45 -
11012xxx020x0x 上部尿路疾患
経尿道的尿路結石除去術等
手術・処置等1なし 副傷病なし
36 4.36 5.6 0.00 65.39 -
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 13 10.54 8.6 0.00 71.69 -
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 手術なし 10 8.10 9.0 10.00 75.50 -
泌尿器科では前立腺がんが第1位となりました。前立腺は男性のみの臓器で、働きとしては精液の一部を作ったり、また男性ホルモンにも影響を与えたりします。
前立腺がんの診断は、PSA検査という前立腺に関係するたんぱく質の血液検査で、前立腺がんを発症すると血液中に大量のPSAが流れ出します。このPSA検査の値を確認後、今度は針生検という前立腺に針を刺して前立腺の細胞を採取し、細胞を見て確定診断をします。
治療は内分泌療法(ホルモン療法)を主体に、他の医療機関さんの放射線治療などと平行しつつ行っております。
第2位は膀胱がんを含む膀胱腫瘍で、膀胱鏡という器具を使用して検査から手術まで一貫して治療を行っております。まれに進行しているがんの場合は他の医療機関さんと連携し放射線治療や緩和ケアなども行っております。
第3位は、尿路結石をはじめとする上部尿路疾患で、主に腎臓から尿道までの結石や結石に伴う水腎症などの治療を行っております。
前立腺がんや上記の疾患以外にも第4位の前立腺肥大症や第5位の種々の男性生殖器疾患(精巣捻転や前立腺炎など)などの治療にも力を注いでいます。

婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし
手術・処置等25あり 副傷病なし
58 3.21 4.6 0.00 68.12 -
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし
手術・処置等24あり 副傷病なし
53 3.04 4.9 0.00 60.81 -
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 40 15.05 8.9 0.00 73.00 -
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 29 12.79 9.9 0.00 47.21 -
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術
(腟式を含む。) 開腹によるもの等
17 13.35 10.2 0.00 60.18 -
婦人科では第1位、第2位が子宮および卵巣の悪性腫瘍(がん)、第4位と第5位が子宮および卵巣の良性腫瘍になりました。
第1位は卵巣および卵管のがんです。治療としては、抗がん剤などの化学療法をメインに行っております。
第2位が子宮のがんとなりました。早期の場合は治癒を目的に子宮全摘出などの手術を行うこともあります。進行していた場合は化学療法や内分泌療法を行って治療をしています。
第3位は子宮が下がってきて体の外に出てきてしまう子宮脱などの性器脱出症でした。こちらも子宮全摘出術や腟閉鎖術などで根治的な治療を行います。
第4位は子宮筋腫など子宮の良性腫瘍です。治療としては根治目的に子宮全摘出術などを施行します。
第5位は卵巣のう腫など卵巣の良性腫瘍でこちらも根治目的に卵巣部分切除術などを施行します。

呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし
手術・処置等1あり
265 2.00 2.0 0.00 59.07 -
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし
手術・処置等2なし 副傷病なし
69 25.48 20.9 34.78 85.88 -
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし
手術・処置等1あり
手術・処置等2なし
49 6.24 3.4 2.04 72.98 -
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)
手術なし 手術・処置等2なし
副傷病なし A-DROP スコア2
39 14.95 15.2 5.13 82.00 -
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 30 24.03 19.1 20.00 73.73 -
呼吸器内科では第1位が睡眠時無呼吸症候群となりました。
睡眠時無呼吸症候群とは、眠っている間に呼吸が少なくなったり止まってしまう病気です。起きている間にも眠気に襲われたり、集中力が落ちたりする症状が起きます。専用の検査器具を装着して一泊二日ほど入院していただき睡眠の質やいびきの状態などから診断、治療を行っております。
第2位は誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)となりました。誤嚥性肺炎は、通常の細菌性やウイルス性の肺炎とは違い、食べ物や飲み物をむせこめずに肺に入ってしまい、肺炎になったものです。
江東区ではご年配の方も多い為、老人ホームなども多く、ご家庭以外の老人施設からも多数入院があります。
第3位は肺の悪性腫瘍(がん)である肺がんでした。当院では呼吸器外科が無く手術が行えない為、化学療法を用いた治療を行っております。手術が可能である肺がんと診断した場合は、近隣やご希望の医療機関さんに紹介を行っております。
第4位は、肺炎となりました。この肺炎は前述の誤嚥性肺炎とは違い、何らかの細菌やウイルスによって発症した肺炎です。肺炎は2017年度の死因第5位となっており、油断の出来ない病気です。
第5位の間質性肺炎は、誤嚥性肺炎や細菌、ウイルスの肺炎とは違い、原因不明の肺炎で、間質とよばれる空気が入らない部分がスポンジ状になり最終的には肺が機能しなくなってしまう病気です。治療としてはステロイドという薬を使用します。また退院時には在宅酸素療法という日常生活で酸素を吸入できる装置を導入することもあります。

循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患
手術なし 手術・処置等11あり
手術・処置等2なし 副傷病なし
230 3.03 3.0 1.30 71.62 -
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患
経皮的冠動脈形成術等
手術・処置等1なし、1,2あり
手術・処置等2なし 副傷病なし
171 3.52 4.5 0.58 71.06 -
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患
手術なし 手術・処置等12あり
手術・処置等2なし 副傷病なし
95 3.38 3.1 0.00 72.22 -
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし
手術・処置等2なし 副傷病なし
80 15.48 17.7 5.00 79.88 -
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術
その他のもの(観血的なもの)等
手術・処置等1なし、1あり
手術・処置等2なし 副傷病なし
42 3.10 5.5 0.00 72.26 -
循環器内科は、上位第3位が狭心症となりました。狭心症とは、心臓の筋肉に入るはずの酸素が不足することにより痛みや圧迫感が生じる病気です。多くは運動時に発生し、安静にしていると回復します。当院では、数多くの心臓カテーテル検査および心臓カテーテル手術を実施しています。
第4位は心不全となりました。心不全とは一つの病気では無く、何らかの病気(心筋梗塞、弁膜症、心筋症、高血圧など)により心臓に大きな負担がかかった最終状態のことです。症状としては動悸、息切れ、呼吸困難、むくみ、全身倦怠感などがあります。
また、安定した状態から急激に悪化する急性心不全と症状はありながらも安定した状態の慢性心不全の2つのタイプがあり、急性心不全は安静が必要で一時的に心臓の働きを高める薬を使います。慢性心不全では体の水分を取り除く利尿剤や心臓の働きを高めるジギダリス剤、心臓の血管の負担を軽くする血管拡張剤などで治療を行います。
第5位は閉塞性動脈硬化症となりました。閉塞性動脈硬化症は、足の血管の動脈が硬くなり、血管が細くなったりつまったりして血流が悪くなる病気です。重症化すると足の皮膚が欠損したり膿んだり(潰瘍)、黒ずんで感覚がなくなったり(壊死)します。当院では血管のつまりを除去し、血流を良くする手術を行っております。 

腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・
慢性腎不全
手術なし 手術・処置等1なし
手術・処置等2なし 副傷病なし
49 10.78 12.1 4.08 65.45 -
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・
慢性腎不全
動脈形成術、吻合術 その他の動脈等
手術・処置等2なし 副傷病なし
27 13.93 8.7 3.70 71.48 -
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・
慢性腎不全
動脈形成術、吻合術 その他の動脈等
手術・処置等21あり
27 45.81 35.7 7.41 73.07 -
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし
手術・処置等2なし 副傷病なし
13 21.31 17.7 0.00 78.08 -
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・
慢性腎不全
手術なし 手術・処置等1なし
手術・処置等21あり 副傷病なし
13 12.62 14.2 7.69 66.46 -
第4位以外を慢性腎炎や慢性腎不全などが占める結果となりました。腎不全とは、腎臓が血液を濾過して老廃物を十分に除去することが出来なくなった状態です。末期腎不全では透析を行わないと命に関わる状態になることもあります。
第1位は手術や透析を行わず腎不全の治療のみを行ったものです。第2位は透析を行う為の内・外シャント設置術や動脈形成術など血管の手術のみを施行し透析は行わずに腎不全などの治療を行ったものになります。
第3位は第2位に加えて、透析を行ったものになり、第5位は透析のみを行い腎不全の治療を行ったものです。
当院は透析センターがあり、院外にて透析を行われている患者さまのケアおよび入院中の透析も行っております。
第4位は循環器内科と同じく心不全となりました。腎臓の機能が低下すると心臓の機能も低下します。そのため、腎不全を患っている方は同じように心不全も患うことがあります。腎臓内科では腎不全の加療もしつつ心不全の加療も循環器内科と協力し行っております。

消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患
(良性腫瘍を含む。)
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
副傷病なし
179 3.37 2.7 0.00 70.05 -
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎
限局性腹腔膿瘍手術等
手術・処置等2なし 副傷病なし
78 9.05 10.1 3.85 73.14 -
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患
手術なし
38 10.58 7.7 2.63 62.47 -
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患
(良性腫瘍を含む。) 手術なし
31 2.77 3.00 0.00 72.45 -
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症
(その他良性疾患) 手術なし
手術・処置等1なし
手術・処置等2なし 副傷病なし
25 8.92 7.4 0.00 62.92 -
第1位と第4位は小腸や大腸に出来たポリープとなりました。当院では内視鏡を使用し平均3日の短期入院で治療を行っております。また、定期的に観察入院なども行いその後がんなどの悪性腫瘍になっていないかチェックも行っております。
第2位は胆管炎や胆管に石が出来る胆管結石となりました。こちらも大腸ポリープと同様に内視鏡を使用し治療を行っております。また、もし開腹手術や腹腔鏡を使った手術が必要となった場合は外科と連携し診療を行っております。
第3位は大腸憩室炎などの憩室疾患となりました。憩室とは大腸などの消化管の壁が薄い箇所にできる風船状の袋ができている状態です。通常は無症状ですが、便がつまったり感染したりして炎症が起きると腹痛や発熱、下血などが起きます。憩室炎は抗生物質を投与の治療を行います。
最後の第5位は逆流性食道炎や胃炎や胃潰瘍などの炎症疾患です。内視鏡を行って炎症や潰瘍の状態を確認した後、投薬や出血していた場合は内視鏡での治療を行います。

総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症
手術なし 副傷病なし
51 13.22 12.6 3.92 79.55 -
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし
手術・処置等2なし
副傷病なし
40 24.15 20.9 27.50 88.88 -
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 27 4.85 5.1 0.00 72.67 -
050130xx99000x 心不全 手術なし
手術・処置等1なし
手術・処置等2なし 副傷病なし
16 12.81 17.7 6.25 83.19 -
130100xxxxx4xx 播種性血管内凝固症候群
手術・処置等24あり
10 23.90 28.5 20.00 86.50 -
総合診療科とは、特定の臓器や病気に限定せず色んな面から病気と向き合い的確な診断および治療を行う診療科です。
その為、入院でも様々な疾患の治療を行っております。
第1位は腎臓や尿路の感染症となりました。抗生物質での治療を行います。
第2位は呼吸器内科にもあった誤嚥性肺炎でした。総合診療科でも呼吸器内科と同じように治療を行います。
第3位が耳鼻科の順位にもあっためまいなどの前庭機能障害となりました。当科でも耳鼻科と連携し治療を行っております。
第4位は循環器内科、腎臓内科の順位にあった心不全となりました。心不全の原因となる腎不全や循環器の疾患があるか分からない患者様に対しては、精密な検査を行い原因を探し原因となる疾患の治療を行っております。
第5位は播種性血管内凝固症候群でした。播種(はしゅ)とは、畑に種をまくことを意味し、この場合その種に相当するのが血栓(血液の塊)です。この病気は血管の中地が固まろうとする反応が起き、無数の血栓が存在している状態です。血管がつまる恐れが非常に高くなるため迅速に血液をさらさらにする薬を投与しなければなりません。また治療が遅れてしまうと死に至ることも少なくありません。当科では救急外来からこの病気で入ってきた患者様も対応しております。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 28 9 15 44 21 15 1 7,8
大腸癌 17 24 27 35 27 28 1 7
乳癌 3 10 4 0 1 6 1 7
肺癌 5 3 14 73 22 10 1 7
肝癌 1 4 1 2 2 2 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌とは、数多くある悪性腫瘍(がん)の中でも死亡数が多く、がん検診の効果が科学的に証明されている胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの5つのがんのことを言います。
がんのステージとは、がんの進行の程度を判定するための基準のこといいます。
ステージIが、がんの腫瘍が少し広がっているものの筋肉層の範囲にあるもので一般的に早期がんと言われます。ステージIの段階であれば手術のみで治癒が可能です。
ステージIIは、筋肉の層を越えて少し浸潤(広がっている)状態または少しだけリンパ節に浸潤しているがんです。治療としては外科的手術を行い、状況によっては手術後に抗がん剤などの化学療法や放射線治療が必要になる場合もあります。
ステージIIIは、がんの腫瘍が他の組織に浸潤しており、リンパ節にも転移している状態です。手術が出来る限界の状況であることも少なくありません。治療は、外科的手術後に化学療法や放射線治療を行うことになります。
ステージIVは、がんが最初に発生した部位を越えて離れた場所にある臓器に転移している状態で、一般的に末期がんと言われます。このステージでは手術は基本出来ず、対症療法や化学療法、モルヒネなどの麻酔による緩和的治療など苦痛を取り除く治療を行います。
再発とは、手術や治療で治ったようにみえても、時間が経過したあと目に見えない小さながんが再び現れたり、抗がん剤などで一度は縮小したがんが再び大きくなったりした状態をいいます。また、最初に発生した場所から治療でなくなっても別のところでがんがみつかった場合(転移)も再発といいます。
ステージI~IV、再発までがんによっては様々な治療があります。進行しているからといって治療が出来ないわけではありません。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 26 10.50 51.35
中等症 122 14.66 76.98
重症 27 17.93 81.56
超重症 5 18.00 84.80
不明 0 0.00 0.00
市中肺炎とは病院外で発生した肺炎のことを言います。
肺炎には重症度があり、年齢、検査結果、バイタル(血圧や呼吸の状態)、意識障害の度合いにて決定されます。
肺炎は、平成23年から平成28年まで死因第3位、平成30年と平成29年では死因第5位と毎年死因の上位に入る病気です。
重症度が軽症の場合は外来治療、中等症から超重症までは入院治療を行います。
高齢者の方は持病や年齢により免疫が落ちるため重症化しやすく注意が必要です。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 42 38.79 71.76 19.44
その他 30 44.30 77.77 11.11
当院での脳梗塞に対する対応は、脳外科手術の適応となる超急性期(発症後4.5時間以内)の場合は他院へ転送や紹介を行います。
急性期(3日以内)であれば当院でエダラボンという脳を保護する薬を投与して治療したり、抗凝固薬という血液を固まりにくくする薬投与したり、リハビリを行ったりします。
もしくは他院で初期治療の後当院にて回復期リハビリの施行、その他脳梗塞の後遺症に伴う嚥下障害(飲み込むことが出来なくなる障害)に対する胃瘻(いろう:胃に直接栄養を送るためのお腹の口)の造設などを行っております。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位第5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 60 1.35 3.18 0.00 69.30 -
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 54 2.33 5.33 0.00 62.13 -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
(長径2cm未満)
34 0.44 1.65 0.00 76.62 -
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 28 4.89 11.86 0.00 73.46 -
K6335 鼠径ヘルニア手術 21 1.05 3.67 0.00 70.90 -
第1位と第5位が鼠径ヘルニアに対する手術となりました。
第2位の腹腔鏡下胆嚢摘出術は、胆のう炎や胆石症などに対して治癒を目的とした手術となります。
第3位の内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術は大腸ポリープを切除する手術です。内視鏡のため皮膚を切開する必要もなく、短期の入院で治療が行えます。
第4位は腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術で、結腸とは大腸のことを意味し、大腸がんに対する手術です。
外科では、大腸ポリープの内視鏡手術を除き、原則傷跡が小さく済む腹腔鏡(ふくくうきょう)と呼ばれる手術器具を用いて手術を行っております。開腹(お腹を切り開くこと)をしないため、開腹手術よりも短い期間で退院することが出来ます。

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 71 3.27 12.75 1.41 53.11 -
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 58 5.10 21.19 27.59 73.43 -
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 31 1.10 2.26 0.00 41.00 -
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手
(舟状骨を除く),足,指(手,足)その他)
27 1.56 8.04 0.00 52.74 -
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 24 5.58 28.79 45.83 79.46 -
第1位、第2位、第4位と骨折に対する手術が多い結果となりました。
骨折観血的手術とは、全身麻酔を行い、該当の部位に対して切り開いてネジを埋め込んだり金属で固定したりする手術です。
第1位が前腕(手首から肘まで)、下腿(膝から足首まで)、手舟状骨(手首の骨)の部分になります。
第2位は肩甲骨、上腕(肘から肩まで)、大腿(膝から足の付け根まで)の部分で、第4位が鎖骨、膝蓋骨(膝の皿の部分)、手(指)、足(指)の部分です。
第3位の骨内異物除去術とは第1位、第2位、第4位で埋め込んだネジなどを取り除く手術です。骨折観血的手術を行った約一年後にこの手術を行い、完治となります。
第5位は人工骨頭挿入術で肩の部分や股の部分に対するものです。この手術は骨頭とよばれる球状の骨を人工のものに取り替える手術です。関節症や関節部分の骨折に対してこの手術を行います。
整形外科の手術後はリハビリを行う関係もあり、比較的長期にわたり治療が必要となります。また、手術後は手術した部分の機能が落ちるため、高齢者の方は特にリハビリが必要となります。そのため、手術後、当院の回復期リハビリ病棟や他の医療機関の回復期リハビリ病棟に転棟・転院する場合もあります。
リハビリテーション科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 19 7.26 79.95 5.26 82.21 -
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 16 8.19 77.19 0.00 83.50 -
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 8 2.63 64.00 0.00 77.75 -
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術
(後方又は後側方固定)
2 15.50 103.00 0.00 73.50 -
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術
(椎弓形成)
2 10.50 65.50 0.00 82.00 -
リハビリテーション科では手術を行いません。その為、このデータは整形外科にて入院・手術を行い、その後リハビリテーション科へ転科・転棟したものとなります。
第1位および第2位の手術は整形外科の上位2位、上位5位の手術と同じ手術になりました。
第3位の人工関節置換術は股関節変形症や膝関節変形症などの変形した関節に対して、変形した部分を取り除いて人工の関節に置き換える手術です。
第4位、第5位は脊椎(背骨)に対する手術となりました。
脊椎固定術は、背骨の骨折でる脊椎骨折や背骨がずれてしまう脊椎すべり症などに対して、固定用の器具を使用し、背骨を安定させる手術です。
椎弓切除術が適応になる主な病気は、椎間板ヘルニアです。この病気は椎間板という背骨を形成している椎骨の間にある軟骨が変化し、骨と骨の間から飛び出して神経を圧迫し痛みやしびれが出る病気です。この手術では飛び出してしまった軟骨を切除して治療します。
椎弓形成術は、主に頚椎症性脊髄症という病気に対して行います。この病気は頚椎(首の背骨)の部分で、脊髄という背骨の中の神経を圧迫してしまうことにより腕や肩の痛みやしびれ、握力の低下、歩行障害などが起きる病気です。この手術では、脊髄を取り囲んでいる骨(椎弓)をドリルで削り、ドアを開くように神経の通り道を広げます。これにより圧迫されていた部分がなくなり、症状が改善します。
上記の手術後は、手術した部分や周辺の組織の機能が落ちてしまいます。
機能がおちてしまうと廃用症候群という、使わない筋肉が衰えたり、骨がもろくなってしまったり、関節の動きが悪くなったりする病気になりやすくなります。この病気を予防する為にも高齢者の方は特にリハビリが必要となります。
入院日数は長期間になってしまいますが、退院後は順調に生活出来るために精一杯治療およびサポートしております。

婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8531 腟閉鎖術(中央腟閉鎖術(子宮全脱)) 37 2.19 12.03 0.00 74.41 -
K877 子宮全摘術 37 1.43 11.81 0.00 51.41 -
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 11 3.27 3.00 0.00 70.91 -
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)
(腟式、腹式)
11 2.09 11.00 0.00 66.82 -
K861 子宮内膜掻爬術 10 0.40 0.80 0.00 47.80 -
婦人科の手術、第1位は腟閉鎖術でした。この手術は子宮全脱という病気に対して、腟の入り口を縫って閉じる手術です。
第4位の子宮脱手術と併せて行うこともあります。
第2位は子宮全摘術で、子宮筋腫や子宮体がんなどの腫瘍に対して行うことが多くなっております。
第3位の胸水・腹水濾過濃縮再静注法は、がんなどの悪性腫瘍に伴って胸やお腹の中に水が溜まりやすくなります。胸水や腹水が溜まると溜まっている部位が膨らんできたり、体が重くなったりします。その為、この手術を行い溜まった水を体の外に出して、濾過して少なくします。
第5位は子宮内膜掻爬術(そうはじゅつ)で、子宮内膜がんや子宮内膜症などの病気に対して行います。

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)
(電解質溶液利用のもの)
64 1.78 5.31 0.00 75.70 -
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 37 1.16 2.30 2.70 66.00 -
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 13 1.46 8.08 0.00 71.69 -
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 10 2.00 8.50 0.00 75.20 -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 10 1.00 12.50 20.00 80.00 -
第1位は膀胱悪性腫瘍手術で膀胱鏡という器具を使用して尿道を介して手術を行います。お腹を切り開かない手術のため傷跡が目立ちません。
第2位は経尿道的路結石術のレーザーを用いたもので、尿路結石に対して尿道を介してレーザーを当てて結石を小さくする手術です。
第3位は経尿道的前立腺手術で、排尿が困難な前立腺肥大などに対して膀胱鏡を使用して前立腺切り取る手術です。
第4位は腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術で、腎臓や尿管のがんに対しての手術です。腹腔鏡を用いるので開腹と比べて傷跡が目立たない手術となっております。
第5位は経尿道的尿管ステント手術です。ステントとよばれるちいさな管を尿管に設置し尿管のつまりを改善します。

眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)
(その他のもの)
670 0.02 0.83 0.00 75.34 -
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術
(網膜付着組織を含む)
26 0.08 9.46 0.00 63.04 -
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)
(縫着レンズを挿入するもの)
6 0.33 2.33 0.00 69.33 -
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) 4 0.00 0.75 0.00 79.00 -
K2683 緑内障手術(濾過手術) 3 0.00 17.67 0.00 74.67 -
第1位、第3位、第4位が白内障に対する手術となりました。
第1位は水晶体再建術の縫着レンズを用いなかったもので、白内障に対する標準的な手術となります。
第3位の手術は縫着レンズという水晶体が脱臼した場合に必要となる縫い合わせるレンズを用いたものです。
第4位は前述の手術とは異なり、眼の中にレンズを入れずに治療する手術です。当院での白内障の手術は基本的に日帰りでの手術を心がけています。
第2位は硝子体茎顕微鏡下離断術で、子体という眼球の中にある透明な半ゼリー状の部分が濁ったり出血していたりすると眼が見えなくなってしまう為、この手術を行い硝子体を綺麗にします。
第5位は緑内障に対する手術です。緑内障は放置していると失明してしまう恐れのある眼の病気です。この手術を行うことで緑内障の進行を遅らせることができます。

耳鼻科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 16 1.00 5.00 0.00 56.94 -
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 15 1.00 6.80 0.00 18.53 -
K3191 鼓室形成手術(耳小骨温存術) 14 1.00 1.93 0.00 53.50 -
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 10 0.00 4.50 0.00 29.10 -
K318 鼓膜形成手術 7 1.00 1.14 0.00 51.57 -
第1位は内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型で、副鼻腔炎という一般的には蓄膿症という病気に対して行います。内視鏡で鼻にたまった膿などを取り除きます。
第2位は口蓋扁桃手術で、繰り返す扁桃腺炎に対して行います。扁桃腺を切り取って今後扁桃腺炎にならないようにする為の手術です。
第3位は鼓室形成術で、難聴を伴う炎症がひどい中耳炎や真珠腫性中耳炎という皮膚の一部が膨らみ周辺の骨を破壊してしまう病気に対して行います。中耳炎によって壊されてしまった骨を修復して耳の聞こえを良くする手術です。
第4位は扁桃周囲膿瘍切開術で、扁桃周囲膿瘍とは扁桃腺炎を繰り返した結果、扁桃の奥のほうに膿がたまってしまう病気です。この手術ではたまった部分を切り開いて膿を出します。
第5位は鼓膜形成手術です。中耳炎などにより鼓膜に穴があき、聞こえが悪くなった状態に対して行います。鼓膜にあいた穴をふさぐ手術です。

循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 145 1.45 1.31 0.69 71.54 -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 48 1.00 1.08 0.00 73.29 -
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 39 3.08 6.77 0.00 75.67 -
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 30 1.87 2.30 3.33 71.20 -
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 22 1.50 1.00 0.00 69.23 -
第1位は経皮的冠動脈ステント留置術でカテーテルという器具を使用し、冠動脈という血管にステントという金属で出来た網の筒を入れる手術です。冠動脈が狭窄(せまくなった状態)している場合に行います。
第2位は四肢の血管拡張術・血栓除去術で、四肢(腕や足)の血管がつまったりしている場合に行います。こちらもカテーテルを使用し、つまっている原因の血栓などを取り除きます。
第3位はペースメーカー移植術で、胸にペースメーカーという心臓に電気刺激を与えてちゃんとした心臓の動きにする機械を入れる手術です。脈拍が遅くなってしまうような心臓病(洞不全症候群や完全房室ブロックなど)に行います。
第4位は経皮的カテーテル心筋焼却術で、発作性心房細動などの不整脈を発生させてしまう心臓の筋肉にたいしてカテーテルを用いてその悪くなっている部分を焼く手術です。
第5位は経皮的冠動脈形成術です。第1位のステント留置術とは異なり、ステントを入れずに冠動脈の狭窄を改善する手術です。

消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
(長径2cm未満)
180 1.11 1.93 0.00 71.82 -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 52 2.48 10.25 7.69 72.40 -
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
(長径2cm以上)
41 0.90 3.05 0.00 67.66 -
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 21 12.52 8.33 23.81 68.52 -
K654 内視鏡的消化管止血術 20 1.40 14.20 5.00 72.55 -
第1位と第3位は内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術で、大腸にできたポリープを切り取る手術です。内視鏡を用いて実施するので外から傷跡は見えません。
第2位は内視鏡的胆道ステント留置術で、胆汁という消化液が胆道という部分で詰まってしまった場合に行う手術で、金属製の網のステントという器具を内視鏡を使って詰まっている部分に入れます。
第4位は胸水・腹水濾過濃縮再静注法で、婦人科の第3位の手術と同様の手術です。
第5位は内視鏡的消化管止血術で、胃潰瘍や十二指腸潰瘍など、潰瘍という消化液によって粘膜が傷ついてしまった結果出血をおこした場合に行う手術です。内視鏡を用いて速やかに止血を行います。

腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 104 1.83 2.43 1.92 74.68 -
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 48 9.77 16.67 4.17 72.06 -
K607-3 上腕動脈表在化法 4 26.25 23.75 0.00 79.75 -
K654 内視鏡的消化管止血術 4 8.00 12.75 25.00 70.25 -
K608-3 内シャント血栓除去術 3 1.00 7.67 0.00 79.67 -
第1位は経皮的シャント拡張術・血栓除去術で、第2位の内シャント又は外シャント設置術という透析の為に血管を結ぶ手術を行い、その後その結んだ血管の部分が狭窄やつまったりした場合に行うのが第1位の手術です。手首の部分を切開し、血栓を取り除いたり、狭窄を整えたりします。
第5位の内シャント血栓除去術は、狭窄ではなく血栓によるつまりのみを改善する手術です。
第3位は上腕動脈表在化法で、こちらも透析を行うために行う手術です。皮膚の奥底にある動脈を表面に持ってくる手術で、この手術を行うことで人工透析の時の血液の入り口を作ります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 5 0.07
異なる 24 0.32
180010 敗血症 同一 7 0.09
異なる 15 0.20
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 2 0.03
180040 手術・処置等の合併症 同一 8 0.11
異なる 2 0.03
この欄では播種性血管内凝固症候群(DIC)、敗血症、真菌感染症、手術・術後の合併症について解説します。
入院契機欄の「同一」とは、入院のきっかけとなった病名がDIC、敗血症、真菌感染症、手術・術後の合併症であった場合です。
「異なる」とは、それら以外の病気がきっかけとして入院し、入院中にそれらの病気を発症した場合になります。
発生率はそれぞれ同一および異なる場合においての発生率を表しています。
DICは総合診療科で第5位として上がっていた病気です。この病気自体で入院することは少なく、別の病気(がんや感染症)で入院し、その後容態の悪化とともに発症することが圧倒的に多くなっております。
敗血症は、感染症にかかった後、血液中に細菌やウイルスが増え、全身に炎症がおきた状態のことです。こちらも敗血症として入院する件数よりもその他の病気で入院し、入院中に敗血症となってしまう件数が多くなっております。
真菌感染症は、カビによる感染症です。カビと言ってもたくさんあり、一般的に水虫といわれる白癬(はくせん)もカビの一種です。この病気で入院した患者様はいませんでしたが、入院後に2件発症がありました。
最後に手術・処置などの合併症では、前述の病気とは異なり、基本的には合併症が起きないように細心の注意をはらいつつ治療を行っておりますが、退院後に手術した部分が感染症をおこしたり、傷口が開いたりすることがあります。
その場合は再入院となるがある為、「同一」よりも「異なる」の件数が多くなっております。万が一手術や処置による合併症を発症した場合は速やかに治療を行っております。
更新履歴
20190930
病院情報を公表