令和元年度 江東病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 566 89 116 160 419 635 1138 2176 1803 347
当院は、地域密着型の中核病院として日夜診療を行っています。
以前からお住まいの高齢者の方から、江東区に移住されてきた20~40代の働き盛りの方やお子様まで幅広い年齢層の患者さまを診療しています。
令和元年度の年間退院患者数は7449人でした。
最も多い年齢層としては70~79歳までの患者さんで全体のおよそ30%を占めています。60代以上の患者さんは5464人。前期高齢者を含む高齢者の割合は全体のおよそ73%でした。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 18.07 15.48 6.67 70.73 -
070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2なし 6 12.17 16.09 0.00 80.33 -
070470xx99x30x 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 5 23.40 14.50 0.00 76.00 -
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 4 12.00 12.58 0.00 73.75 -
070510xx99xxxx 痛風、関節の障害(その他) 手術なし 3 14.00 11.88 0.00 78.33 -
内科ではリウマチ性多発筋痛症や全身性強皮症、全身性エリテマトーデスなどの重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患の患者さんが最も多く膠原病専門の医師が治療を行っています。
2位、3位は関節リウマチでした。関節リウマチは免疫抑制剤などを用いて治療を行っています。
4位は尿路感染症、5位は痛風という結果となりました。

小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 96 5.58 6.19 1.04 0.97 -
100380xxxxxxxx 体液量減少症 87 3.85 9.13 0.00 3.87 -
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 63 5.98 6.64 0.00 2.05 -
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 38 6.13 5.69 0.00 4.39 -
100210xxxxxxxx 低血糖症 36 3.78 6.83 0.00 3.75 -
小児科では、急性気管支炎が最も多く、3位が喘息、4位が肺炎と呼吸器疾患が上位を占めました。
また2位の体液減少症(脱水症)や第5位の低血糖症など腸炎によるものが多いのも特徴です。
在院日数は全国平均と比較しても短く、早期に退院されています。

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上)ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 84 6.10 4.85 0.00 71.68 -
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等
手術・処置等1なし
手術・処置等2なし 副傷病なし
55 8.71 7.13 0.00 66.15 -
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 39 2.87 2.63 0.00 77.21 -
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術
虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等
33 5.88 5.45 0.00 41.48 -
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 21 7.76 7.65 0.00 59.57 -
外科では昨年度に続き鼠径ヘルニアの手術を行う患者さんが最も多く、次いで胆石症で腹腔鏡下で胆のう摘出手術を行う患者さんが多い結果となりました。
3位が大腸ポリープ、4位が急性虫垂炎、5位が憩室炎等の患者さんでした。
また癌に伴う苦痛に対する緩和療法も実施しております。

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 61 29.07 20.74 45.9 82.74 -
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 52 32.44 23.56 0.00 75.13 -
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 41 5.71 5.54 0.00 51.76 -
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 28 37.36 25.941 32.14 80.79 -
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2なし 23 24.17 20.93 0.00 71.17 -
整形外科では、骨粗鬆症がベースにある脊椎骨折が最も多く、2位は昨年度はTOP5圏外だった膝関節の変形性関節症で人工関節置換術を行う患者さんが増えました。
3位が前腕の骨折、4位が大腿骨の骨折、5位が腰部脊柱管狭窄症という結果となりました。
最も多い骨粗鬆症がベースにある脊椎骨折、4位の大腿骨の骨折は急性期治療を終え、リハビリテーション目的に他の病院へ転院することも多く、転院率が高くなっています。

眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 729 1.87 2.78 0.00 74.69 -
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり
手術・処置等2なし片眼
9 10.67 7.29 0.00 54.22 -
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 5 16.4 9.33 0.00 60.8 -
眼科では白内障手術を行う、患者さんが多数を占めています。
1泊2日か日帰りの入院で在院日数も全国平均よりも短く早期に退院されています。
次いで手術を行う糖尿病の合併症により起こる糖尿病性増殖性網膜症、3位が手術を行う網膜剥離という結果となりました。

耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 8 6.13 6.80 0.00 45.13 -
030240xx97xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 その他の手術あり 7 10.71 8.66 0.00 22.14 -
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 7 5.86 5.45 0.00 39.43 -
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 6 5.00 5.01 0.00 61.5 -
030430xx97xxxx 滲出性中耳炎、耳管炎、耳管閉塞 手術あり 6 3.00 3.16 0.00 4.00 -
耳鼻咽喉科では慢性副鼻腔炎が最も多く、2位、3位は同じく急性扁桃炎で、薬剤のみの治療であったり、手術を行うこともあります。
急性扁桃炎は平均年齢が20代、30代と若い患者さんが多いのも特徴です。
4位はめまい、5位は手術を行う中耳炎という結果となりました。

脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 9 11.44 16.16 0.00 71.22 -
010080xx99x001 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし15歳以上 7 20.43 12.00 28.57 41.86 -
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 6 18.17 16.13 33.33 80.5 -
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 6 8.17 17.72 0.00 76.5 -
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等24あり 副傷病なし 5 14.4 15.9 0.00 62.8 -
脳神経内科では1位と3位はリハビリを行ったり、エダラボンという薬剤で治療を行う脳梗塞でした。
2位は髄膜炎、4位はパーキンソン病、5位はガンマグロブリンで治療を行う慢性炎症性脱髄性多発神経炎、ギラン・バレー症候群等でした。
2位の髄膜炎や3位のエダラボンで治療を行った脳梗塞は、リハビリテーション目的に他の病院へ転院することも多く、転院率がやや高い結果となっています。

皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 67 8.36 9.00 0.00 71.94 -
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 37 10.22 12.55 0.00 63.22 -
080110xxxxx0xx 水疱症 手術・処置等2なし 3 37.00 28.56 33.33 83.67 -
皮膚科では帯状疱疹と蜂窩織炎及び丹毒が大部分を占めています。
3位の水疱症は例年では転院率0でしたが、2019年度は3名中1名が高次病院へ転院したため、やや高い結果となっております。
在院日数は全国平均より短く、早期に退院されています。

泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 75 2.19 2.49 0.00 71.31 -
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 58 6.55 7.07 1.72 72.14 -
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1なし 副傷病なし 47 4.17 5.61 4.26 62.72 -
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 26 13.92 12.58 11.54 75.46 -
110060xx99x21x 腎盂・尿管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病あり 11 17.55 20.56 9.09 78.91 -
泌尿器科では前立腺の癌の疑いのある患者さんに対して行う生検が最も多く、そのほとんどが1泊2日の入院です。
次いで膀胱癌、3位は腎結石や尿管結石の患者さんです。
4位は尿路感染症や腎盂腎炎、5位は腎盂癌に対して抗がん剤治療を行った患者さんという結果となりました。
在院日数も4位の尿路感染症や腎盂腎炎を除くと全国平均よりも短く、早期に退院されています。

婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし
手術・処置等25あり 副傷病なし
42 2.81 4.39 0.00 74.4 -
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし
手術・処置等24あり 副傷病なし
34 3.00 4.58 0.00 51.00 -
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 24 13.92 9.71 0.00 50.42 -
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 21 15.90 8.65 0.00 70.24 -
120010xx97x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等25あり 副傷病なし 17 5.18 15.68 0.00 78.00 -
婦人科では1位と5位は卵巣癌に対して抗がん剤治療をおこなった患者さんです。
5位は抗がん剤治療に加えて腹水を抜く胸水・腹水濾過濃縮再静注法等を行った患者さんです。
2位は抗がん剤治療を行った子宮体癌、3位は子宮筋腫、4位が子宮脱という結果となりました。
抗がん剤治療を行う疾患の在院日数は全国平均よりも短く、早期に退院されています。

呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1あり 289 2.00 2.03 0.00 58.71 -
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし
手術・処置等2なし 副傷病なし
52 28.58 20.84 34.62 84.63 -
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし
手術・処置等1あり
手術・処置等2なし
46 5.54 3.34 4.35 72.43 -
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 31 9.45 9.59 9.68 70.97 -
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 31 17.45 18.84 3.23 75.35 -
呼吸器内科では、睡眠時無呼吸症候群の検査をする患者さんが最も多く、1泊2日の検査入院です。
2位が誤嚥性肺炎、3位が肺癌を疑い経気管肺生検法を行う患者さん、4位は抗がん剤治療を行う肺癌、5位が間質性肺炎という結果となりました。
肺炎(誤嚥性肺炎、間質性肺炎、細菌性肺炎等)の患者さんを多く診療しており、中でも誤嚥性肺炎の患者さんが最も多く、平均年齢も84歳と高齢の患者さんが多い結果となりました。

循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患
手術なし 手術・処置等11あり
手術・処置等2なし 副傷病なし
169 3.01 3.01 0.00 71.73 -
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患
経皮的冠動脈形成術等
手術・処置等1なし、1,2あり
手術・処置等2なし 副傷病なし
144 3.22 4.40 0.00 70.39 -
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 113 3.14 3.15 0.00 70.39 -
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 64 3.31 5.02 0.00 69.94 -
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 49 21.02 17.71 8.16 80.59 -
循環器内科では狭心症の患者さんが多く、1位、3位は狭心症などに対して行う心臓カテーテル検査です。
2位が狭心症などに対して行うステントなどを用いて病変部分を拡張する心臓カテーテル治療です。
4位は不整脈、5位は平均年齢80歳と高齢者に多い心不全という結果となりました。

腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・
慢性腎不全
手術なし 手術・処置等1なし
手術・処置等2なし 副傷病なし
35 14.00 11.67 11.43 75.71 -
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・
慢性腎不全
動脈形成術、吻合術 その他の動脈等
手術・処置等2なし 副傷病なし
28 17.46 8.48 0.00 73.46 -
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり 25 50.84 36.04 24.00 72.08 -
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 17.63 17.71 0.00 75.26 -
110290xx99x00x 急性腎不全 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 14.13 13.55 26.67 71.13 -
腎臓内科では、保存期腎不全の合併症(心不全など含み)入院、末期腎不全に対する透析導入、導入後の透析関連合併症の入院が主でした。
透析導入期のシャント作成や導入後のシャント狭窄・閉塞に対する外科的治療が年々増加傾向にあり、入院期間がなるべく短くなるように努めています。
次いで、急性腎不全の入院が多い結果となりました。

消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 237 3.37 2.63 0.00 70.24 -
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎
限局性腹腔膿瘍手術等
手術・処置等2なし 副傷病なし
102 8.36 9.79 3.92 71.91 -
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患
手術なし
54 8.63 7.65 0.00 64.28 -
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 32 9.19 8.27 0.00 73.31 -
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 5.63 9.68 16.67 70.38 -
消化器内科では内視鏡的治療を幅広く行っています。
消化器内科では大腸ポリープの内視鏡切除を行った患者さんが最も多い結果となりました。
2位は内視鏡的手術を行った総胆管結石や胆管炎、3位は結腸の憩室、4位は内視鏡的手術を行った早期の胃がんの患者さん,5位は手術などは行わなかった総胆管結石や胆管炎の患者さんという結果でした。

総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症
手術なし 副傷病なし
49 13.73 12.58 4.08 82.33 -
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし
手術・処置等2なし 副傷病なし
42 24.14 20.84 30.95 84.02 -
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 14.43 17.71 4.76 84.33 -
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 16 5.44 5.01 0.00 71.81 -
100071xx99x010 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり85歳未満 13 11.23 12.02 20.00 66.31 -
総合診療科では尿路感染症の患者さんが最も多く、2位は誤嚥性肺炎で平均年齢は80歳代と高齢の患者さんが多い結果となりました。
3位は心不全、4位はめまい、5位は糖尿病の治療や血糖コントロールを行う患者さんという結果となりました。
様々な疾患の患者さんを総合的に診療しています。

5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 29 2 17 29 31 21 1 7,8
大腸癌 16 28 37 26 43 36 1 7,8
乳癌 10 11 3 1 6 9 1 7,8
肺癌 2 2 11 99 8 7 1 7,8
肝癌 9 6 0 1 11 10 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌とは、数多くある悪性腫瘍(がん)の中でも死亡数が多く、がん検診の効果が科学的に証明されている胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの5つのがんのことを言います。
がんのステージとは、がんの進行の程度を判定するための基準のこといいます。
ステージIが、がんの腫瘍が少し広がっているものの筋肉層の範囲にあるもので一般的に早期がんと言われます。ステージIの段階であれば手術のみで治癒が可能です。
ステージIIは、筋肉の層を越えて少し浸潤(広がっている)状態または少しだけリンパ節に浸潤しているがんです。治療としては外科的手術を行い、状況によっては手術後に抗がん剤などの化学療法や放射線治療が必要になる場合もあります。
ステージIIIは、がんの腫瘍が他の組織に浸潤しており、リンパ節にも転移している状態です。手術が出来る限界の状況であることも少なくありません。治療は、外科的手術後に化学療法や放射線治療を行うことになります。
ステージIVは、がんが最初に発生した部位を越えて離れた場所にある臓器に転移している状態で、一般的に末期がんと言われます。このステージでは手術は基本出来ず、対症療法や化学療法、モルヒネなどの麻酔による緩和的治療など苦痛を取り除く治療を行います。
再発とは、手術や治療で治ったようにみえても、時間が経過したあと目に見えない小さながんが再び現れたり、抗がん剤などで一度は縮小したがんが再び大きくなったりした状態をいいます。また、最初に発生した場所から治療でなくなっても別のところでがんがみつかった場合(転移)も再発といいます。
ステージI~IV、再発までがんによっては様々な治療があります。進行しているからといって治療が出来ないわけではありません。
当院では大腸癌が最も多く、次いで胃癌、肺癌という結果となりました。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 37 10.38 50.97
中等症 100 15.89 75.45
重症 26 14.38 78.35
超重症 6 19.00 87.80
不明 0 0.00 0.00
市中肺炎とは病院外で発生した肺炎のことを言います。肺炎には重症度があり、年齢、検査結果、バイタル(血圧や呼吸の状態)、意識障害の度合いにて決定されます。当院では中等度の患者さんが多く、6割を占めています。重症度が高くなるにつれ平均年齢も高いという結果となりました。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 53 36.23 77.79 20.27
その他 21 43.52 74.52 8.11
当院の脳梗塞は発症3日以内の患者さんが多く7割を占めています。
急性期(3日以内)であればエダラボンという脳を保護する薬を投与したり、抗凝固薬という血液を固まりにくくする薬投与したり、リハビリを行うなどの治療を行います。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 64 2.67 5.98 0.00 66.11 -
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 55 1.27 3.27 0.00 68.75 -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
(長径2cm未満)
50 0.80 2.54 2.00 76.50 -
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 33 0.61 4.27 0.00 41.48 -
K6335 鼠径ヘルニア手術 28 2.36 4.00 0.00 77.64 -
外科では胆のう炎に行う腹腔鏡手術が最も多く、昨年度より10件増加しています。
2位と5位は鼠径ヘルニアに行う手術、3位は大腸ポリープの内視鏡手術でした。
4位は昨年度は5位以下でしたが、急性虫垂炎に行う腹腔鏡手術という結果になりました。

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝)) 71 3.99 33.54 0.00 74.92 -
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 62 3.06 9.56 0.00 54.35 -
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 61 5.70 40.59 6.56 73.39 -
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 34 1.21 2.06 0.00 47.71 -
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足)その他) 30 1.80 7.10 0.00 41.03 -
整形外科では昨年度は5位以下だった変形性関節症に対して行う人工関節置換術が最も多い結果となりました。中でも大半は膝関節に対して行っています。
4位以外は骨折に対する手術です.2位が前腕(手首から肘まで)、下腿(膝から足首まで)、手舟状骨(手首の骨)の部分。位が肩甲骨、上腕(肘から肩まで)、大腿(膝から足の付け根まで)の部分。5位が鎖骨、膝蓋骨(膝の皿の部分)、手(指)、足(指)の部分です。4位の骨内異物除去術とは上記の2,3,5位の手術で埋め込んだネジなどを取り除く手術です。

婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 30 1.33 12.43 0.00 53.10 -
K8531 腟閉鎖術(中央腟閉鎖術(子宮全脱)) 20 2.40 12.75 0.00 71.75 -
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 14 1.00 12.36 0.00 56.07 -
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 12 1.58 3.25 0.00 80.33 -
K861 子宮内膜掻爬術 9 0.11 1.11 0.00 58.78 -
婦人科では子宮筋腫等に行う子宮全摘術が最も多く、次いで子宮脱に対しての腟閉鎖術でした。
3位は卵巣のう腫に対して行う子宮附属器腫瘍摘出術、4位はがんにより溜まってしまったお腹の水を抜く腹水濾過濃縮再静注法、5位は子宮内膜がんや子宮内膜症などに行う 子宮内膜掻爬術という結果となりました。

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)
(電解質溶液利用のもの)
55 1.44 4.04 1.82 71.87 -
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 48 1.54 2.06 4.17 63.13 -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 19 1.21 5.68 0.00 71.74 -
K7981 膀胱結石,異物摘出術(経尿道的手術) 10 6.10 2.80 10.00 74.30 -
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 7 0.86 5.00 0.00 68.71 -
泌尿器科では昨年度に続き膀胱癌に対して行う膀胱悪性腫瘍手術が最も多い結果でした。
2位も昨年度と同じく尿路結石に対してのレーザーによる経尿道的尿路結石除去でした。3位は尿管ステント留置術、4位は膀胱結石に対する膀胱結石摘出術、5位は前立腺肥大症に対しての経尿道的前立腺手術でした。
経尿道的の手術を主に行っています。

眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)
(その他のもの)
720 0.04 0.82 0.00 74.76 -
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術
(網膜付着組織を含む)
18 0.11 10.67 0.00 61.06 -
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)
(縫着レンズを挿入するもの)
6 0.11 1.33 0.00 66.83 -
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) 3 0.00 3.33 0.00 72.67 -
K2683 緑内障手術(濾過手術) 2 0.00 5.50 0.00 57.00 -
眼科では、1位、3位、4位が白内障に対する手術という結果となりました。
1泊2日や日帰りの入院が多いのが特徴です。2位は網膜前膜、網膜剥離、糖尿病性網膜症などに行う硝子体茎顕微鏡下離断術でした。
5位は緑内障に行う緑内障手術という結果となりました。順位は昨年と同様の結果でした。

耳鼻科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 10 1.00 8.90 0.00 19.30 -
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 6 1.00 1.00 0.00 4.00 -
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 5 1.00 3.80 0.00 37.40 -
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 3 1.00 4.00 0.00 73.00 -
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 3 0.00 3.33 33.33 60.33 -
耳鼻科では、習慣性扁桃炎に対して行う口蓋扁桃手術が最も多く、次いで中耳炎に対して行う鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術という結果でした。
平均年齢も低いのが特徴です。3位、4位は慢性副鼻腔炎に対して行う内視鏡的手術、5位は扁桃周囲膿瘍に対して切開を行う手術という結果となりました。

循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 125 1.32 1.14 0.00 70.68 -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 61 1.00 1.10 0.00 74.15 -
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 42 1.69 1.64 2.38 68.60 -
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 33 5.33 7.21 3.03 79.48 -
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 24 1.04 1.25 0.00 71.79 -
循環器内科では昨年度に続き狭心症などに行う経皮的冠動脈ステント留置術が最も多く、2位も昨年度と同じく閉塞性動脈硬化症等に行う四肢の血管拡張術・血栓除去術という結果でした。
3位と5位は不整脈に対して行う経皮的カテーテル心筋焼灼術、4位はペースメーカー移植術という結果となりました。

消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
(長径2cm未満)
228 1.10 2.04 0.00 71.21 -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 73 3.23 9.22 4.11 71.82 -
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
(長径2cm以上)
35 0.51 1.94 0.00 68.40 -
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 32 1.03 7.16 0.00 73.31 -
K6852 内視鏡的胆道結石除去術(その他) 32 0.34 2.06 0.00 70.94 -
消化器内科では1位と3位が大腸ポリープに対して行う、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術という結果でした。昨年度よりも件数が増加しています。
2位は胆管結石等に行う内視鏡的胆道ステント留置術、4位は早期胃癌に対して行う内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層)5位は胆管結石に対して行う内視鏡的胆道結石除去術という結果となりました。

腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 115 1.60 2.33 1.74 72.21 -
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 49 9.39 21.33 10.20 71.92 -
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 4 30.75 23.00 25.00 79.75 -
K608-3 内シャント血栓除去術 3 5.33 6.00 0.00 65.67 -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 1 14.00 18.00 0.00 78.00 -
血液透析に必要なバスキュラーアクセス(シャント、人工血管移植、動脈表在化など)に関連した手術を腎臓内科で担当しております。
また、導入後のシャント狭窄・閉塞に対しては、以前のようなシャント再建術から血管内治療が主流となってきており、当院でも経皮的血管形成術が年々増加し、昨年度も腎臓内科の手術としては最も多くなっております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 4 0.05
異なる 15 0.20
180010 敗血症 同一 4 0.05
異なる 10 0.13
180035 その他の真菌感染症 同一 2 0.03
異なる 2 0.03
180040 手術・処置等の合併症 同一 8 0.11
異なる 3 0.04
この欄では播種性血管内凝固症候群(DIC)、敗血症、真菌感染症、手術・術後の合併症について解説します。
入院契機欄の「同一」とは、入院のきっかけとなった病名がDIC、敗血症、真菌感染症、手術・術後の合併症であった場合です。
「異なる」とは、それら以外の病気がきっかけとして入院し、入院中にそれらの病気を発症した場合になります。
発生率はそれぞれ同一および異なる場合においての発生率を表しています。
万が一手術や処置による合併症を発症した場合は速やかに治療を行っております。
全体的に昨年度と比較しても改善されています。
更新履歴
2020/09/29
公表データを公開