救急搬送検討会(平成29年度)

 平成29年12月22日(金)に東京都城東消防署の救急隊をお招きして、当院医師との救急搬送検討会を行いました。内容は小児科(宮田医師)、整形外科(山本医師)、内科(藤井医師)それぞれの症例を、@救急隊の搬送事例に対して、搬送が適切であったか?、A救急隊と医師側の重症度判断が合致していたか?、B搬送患者の治療経過報告等、両者間での詳細な検討が行われました。
 また、今後の救急業務のあり方についての講演(城東消防署 新井氏)及び当院で行われた気管挿管実習の報告(新宿消防署 山本救急救命士)を拝聴。終了後は打ち上げクリスマス・パーティーにて、当院の栄養科が腕を振るった料理を皆で堪能し、交流を深めました。

城東消防署救急隊の皆さんをはじめ、当院の医師・看護師・事務関係者の参加多数!

救急度判定の実際を踏まえ、搬送事例が報告されました。

救急現場での見立てと実際の症例の差異をつぶさに検討して行きます。

気管挿管実習の報告



救急業務の円滑な実施と質の向上について



救急車の適正利用や、増加に伴う労務管理も欠かせません。

全ては救命率の向上のため…切磋琢磨!

当院のオリジナル料理も大好評でした。