睡眠時無呼吸(SAS)センター

Sleep Apnea syndrome

睡眠時無呼吸(SAS)センター

Introduction

診療科紹介

睡眠時無呼吸症候群とは、眠っている間に呼吸が止まる病気です。無呼吸自体で即窒息死を起こすことはありません。むしろ「睡眠中の低酸素状態が関与する高血圧症」や「心疾患などの生活習慣病」を引き起こしたり、睡眠の質の低下により「労働災害や交通事故を起こしたりする」ことが問題視されている病気です。

睡眠時無呼吸症候群の方は、健康な方と比較して…

  • 高血圧を発症する可能性は2倍
  • 狭心症・心筋梗塞は3倍
  • 脳血管障害は4倍
  • 糖尿病は1.5倍

という報告があり、高脂血症・高尿酸血症の合併も多いことが判明しています。

※米国のデータでは、「睡眠1時間あたり20回以上無呼吸が記録された患者さん」は、無治療のまま放置すると、9年後には40%の方が心臓病・脳血管障害・交通事故などで亡くなっていたという衝撃的な報告もあります。

Specialties

主な対象疾患

今まで「いびき」や「夜間に呼吸が止まっている」などと言われ、気になったことがある方はお気軽にご相談ください。

  • 日中に眠くなる
  • 睡眠時間はしっかり取っているのに、あまり眠った気がしない
  • いびきをかく!
  • 寝ても疲れが取れない
  • ご家族より睡眠中の無呼吸状態を指摘された

などの症状が出ている方、一度詳しく検査をしてみませんか?

※無症状なのに重症のSAS患者さんも、少なからず見受けられます。

この病気は働き盛りの方にもよく見られます。高血圧・糖尿病等の生活習慣病に、深く関与していることがしばしばあります。若いからといって安心はできません。また運転をされる方は、「日中の眠気や集中力低下による事故」の原因となることもあります。上記症状に心当たりがある場合は、SAS外来を受診の上、早めの検査をお勧めします。

Specialties

当科の特色、得意分野

入院・検査の流れ

1

外来・入院 〜 検査準備

18-19時 夕食を済まして来院、入院

  • 入院手続き後、検査の説明、バイタルチェックなどの後、各種センサーを取り付けます。
入院手続きの様子

2

検査 〜 検査終了

19-20時 検査の準備、検査開始

  • 就寝中に検査が行われます。起床したら、センサーを取り外して検査終了→退院となります。
検査の様子

3

退院 〜 外来

翌6時-7:30頃 検査終了、退院

  • 後日、医師が検査結果をお伝えします。
診察の様子

Staff

診療スタッフ

加藤 正一(かとう しょういち)

役職

睡眠時無呼吸センター医師(非常勤)

星 作男(ほし さくお)

役職

感染制御室 室長

出身校

大阪大学

専門分野

アレルギー・呼吸器

資格

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本アレルギー学会 専門医
  • 日本医師会認定 産業医
  • 呼吸機能障害 指定医
  • 医学博士