整形外科

Orthophedic

整形外科

Introduction

診療科紹介

整形外科は、骨や関節、筋腱などの運動器とこれらを支配する脊髄や末梢神経の疾患を扱う診療科です。骨折や脱臼などの外傷のほか、腰痛や関節痛が主症状となる、関節の変性疾患や脊椎・脊髄疾患など多くの疾患が診療の対象となります。

一般外来は予約制となっていますが、救急の患者さんは、診療時間内では常勤医師が交代で診察を担当しています。また、当院は東京都の二次救急医療施設に指定されていて、休日・夜間も整形外科の当直医師が常駐しています。

入院診療は、主に手術治療を受ける患者さんが中心ですが、腰痛や関節痛などの症状が強く通院が困難な方も入院治療で対応しています。また、当科では後療法を重視し、理学療法士や作業療法士などのスタッフを多く配置し、広いスペースを使用してリハビリテーションを行っています。さらに、長期のリハビリが必要となる症例では、回復期リハビリ病棟を利用して十分な治療が受けられるよう体制を整えています。

Specialties

当科の特色、得意分野

交通事故や作業中の骨折は比較的重症となることが多く、また、スポーツなどのけがでは関節の脱臼のほか、靭帯やアキレス腱などが切れる場合があります。骨折や脱臼をした場合、けがをする前の状態に近づけて、日常生活における支障を少なくするために手術治療を選択することも多くなります。また、近年社会の高齢化に伴い、骨粗しょう症を基盤とした脆弱性骨折が急速に増加しています。高齢者に多い大腿骨の付け根の骨折のほか、手首や肩の骨折では、歩行や手を使うなどの日常生活が制限されます。高齢であっても手術が適応となる場合は、全身の状態を把握したうえで手術を行い、早期にリハビリを開始することを心がけています。

四肢の関節疾患では、膝の半月板や靭帯損傷などの関節鏡による手術のほか、股関節や膝関節の変性疾患では人工関節の手術を行っています。当院では2022年10月に、人工関節のナビゲーションシステムを導入しました。これにより、手術を安全に行うとともに、人工関節をより正確に設置することが可能になりました。同時に、術前計画が可能なコンピュータによるシュミレーションソフトも導入しています。

人工関節の手術では、感染を予防するためクリーンルームを使用するほか、同種骨移植を併用する人工関節再置換術、自己血輸血(術中回収自己血輸血を含む)、肩関節リバース型人工関節手術など、各種治療法も取り入れております。

脊椎・脊髄疾患の手術では、腰部脊柱管狭窄症に対する除圧術、固定術のほか腰椎椎間板ヘルニアでは、症例により顕微鏡下の手術も行っています。また、頚椎症性頚髄症に対する椎弓形成術のほか、脊椎の椎体間固定術、脊椎脆弱性骨折に対する経皮的椎体形成術など、高度な技術を要する手術も熟練した医師が行い、良好な治療成績を得ています。
関節の痛み、腰痛や頚部痛のほか手足のしびれなど、運動器や四肢の神経に関連する疾患でお困りの方は相談をしてください。

Staff

診療スタッフ

奥田 貴俊(おくだ たかとし)

役職

整形外科部長・順天堂大学整形外科 客員准教授

出身校

順天堂大学(平成7年卒業)

専門分野

成人脊柱変形・側弯症・低侵襲脊椎外科・骨粗鬆症・骨代謝

資格

  • 医学博士
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
  • 日本脊椎脊髄病学会専門医
  • 日本脊椎脊髄病学会指導医

コメント

2023年4月より整形外科部長に就任いたしました。患者さんにとってプラスになる治療を常に心がけ、手術治療だけではなく、骨粗鬆症治療なども含めたトータル的な脊椎治療を行いたいと思います。

桑原 宏朋(くわはら ひろとも)

役職

整形外科副部長、リハビリテーションセンター長

出身校

群馬大学(平成11年卒業)

専門分野

肩関節外科

資格

  • 医学博士
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション認定医

コメント

肩関節疾患を主に担当していますが、整形外科全般の診療も行っております。外来診療から入院・手術、社会復帰に至るリハビリテーションまで皆様に寄り添った診療ができるよう努めて参ります。お気軽にご相談ください。

佐藤 博伸(さとう ひろのぶ)

役職

整形外科医長

出身校

獨協医科大学(平成17年卒業)

専門分野

股関節外科 外傷・一般整形外科

資格

  • 医学博士
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会指導医
  • 日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション認定医
  • 日本人工関節学会認定医

コメント

人工股関節、人工膝関節手術を主に担当しています。近隣クリニックとも連携して通院やリハビリテーションについても十分なフォローアップを心がけています。 「手術前にあった痛みが噓のように気にせず生活できています。」という患者さんの声を励みに、日々の診療に当たっています。
適切な治療を受けていただくには適切な診断が重要です。そのうえでご希望に沿った治療方法を提案させていただきます。

小林 望(こばやし のぞむ)

役職

整形外科医員

出身校

群馬大学(平成20年卒業)

専門分野

整形外科一般・脊椎外科

資格

  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科指導医 
  • 日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医

コメント

腰痛や下肢痛、手足のしびれなどを生じる脊椎疾患を中心に整形外科全般に対応させていただきます。

幡野 佐己依(ばんの さみい)

役職

整形外科医員

出身校

北里大学(平成20年卒業)

専門分野

股関節疾患、鼠径部痛、骨折外傷、若年性腰痛

資格

  • 医学博士
  • 日本整形外科学会専門医(日本専門医機構整形外科専門医)
  • 日本整形外科学会指導医
  • 日本医師会認定健康スポーツ医
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医
  • 日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医

コメント

整形外科は子供からお年寄りまで老若男女問わず関係する特殊な科です。私は常に個々の患者さんに合った、適切な治療を提案出来るよう心がけて診療を行っています。股関節は腰や膝などとも大きく関わり、腰痛や膝痛の原因が股関節周囲にある事も多々あります。疼痛の多くは手術をしないでストレッチや筋トレなどのリハビリで良くなる事があります。その原因を解明し改善策を患者さんと相談しながら見つけていければ幸いです。
もし手術が必要となった場合も、専門である骨折・外傷手術はより「安全かつ正確に」、人工股関節置換術では順天堂大学で培った知識と技術を基に、従来よりも小さな皮膚切開で筋肉を切らず、早期回復を目指し、かつ合併症の少ない方法で患者さんに「手術した事を忘れさせる」事を目標に日々手術を行っています。

根岸 義文(ねぎし よしふみ)

役職

整形外科医員

出身校

順天堂大学(平成21年卒業)

専門分野

膝関節外科

資格

  • 医学博士
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション認定医

コメント

順天堂大学で変形性膝関節症の研究をしておりました。現在は人工膝関節の手術を中心に行っております。膝の痛みにお困りの方はご相談ください。

横田 亮介(よこた りょうすけ)

役職

整形外科医員

出身校

関西医科大学(平成31年卒業)

専門分野

外傷・一般整形外科

コメント

けが等の急性期症状や日常生活での動作時痛等の慢性期症状まで何でもご相談ください。 特に腰痛や手足のしびれといった脊椎疾患でお困りであればより専門的に診させていただきます。
検査や処置等についての疑問なども適宜お答えできるように真摯に務めます。

黒澤 尚(くろさわ ひさし)

役職

理事長

出身校

東京大学(昭和45年卒業)

専門分野

膝・腰の疾患 スポーツ外傷

資格

  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本関節鏡・膝・スポーツ外科専門医
  • 順天堂大学整形外科名誉教授

コメント

中高年になりますと、膝痛、腰痛に悩まれる方が多くなります。私は長年それらに対し、簡単で効果的な誰でもできる体操をお教えしています。

梶原 一(かじはら はじめ)

役職

院長

出身校

順天堂大学(昭和57年卒業)

専門分野

股関節外科・脊髄生理学

資格

  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会指導医
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医
  • 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
  • 順天堂大学整形外科 客員准教授
  • 日本骨粗鬆症学会認定医

コメント

病気やけがによる痛みを軽減し、より快適な生活を過ごすための医療を提供できるよう心がけています。主に股関節疾患を中心に人工関節の手術を行っています。

Achievement

実績

手術症例数2021年2022年2023年
手術件数522605555
人工股関節手術201639
人工膝関節手術292739
人工骨頭手術376740
脊椎手術10390100
上肢骨折113126115
下肢骨折90111100

About popular diseases

ポピュラーな病気について